さっきまで健康でも、放射能・禍の今、真剣に護らないと生命力減衰で、皆F1になって、ジ・エンド。

  多死社会が始まっています。 老若男女、区別なしです。

これは、日本国という統治体が、5年半にまったく不用心だった以上に、確信犯で毒撒きを続けた結果です。

それがなくても、マネー優先の裏で、多くの環境ホルモンと電磁波で、人間の生命力は、急速に劣化しています。

 それを、食い止めようと、宇宙の最深部や、太陽から、多くの生命エネルギーが完全に無償で送られていますが、こちらの受信側(心と身体)の意思(周波数調節)と、性能が万全でないと、それも、受け止められません。

 生命次元での社会環境の変化に対処できず、自分自身の意欲のなさから、子孫がどんどん、減っていきます。  

結婚したがらない。 子供を作りたがらない。 子供ができない。

子供が生まれても、生命力が弱い。 男女それぞれに、生殖能力が弱い。

今、日本人は、急速に、民族絶滅への道を進んでいます。 

物理的な、国家間での戦争ではありません。

無知、と 権威に対する、盲信、過剰信頼が、原因です。

戦後、マッカーサーがいっていた、「12歳の理性」のままのオトナ が 多すぎるのです。

このネットの時代でも、 直接、本人から、聞こうとせず、まず、「権威」を当てにします。

実は、いま、日本の医学界の「権威」が、完全に、これまでのやり方に、白旗を揚げています。

 例えば、船瀬さんの以下の指摘を、日本の厚生省や医師会は、全く反論できないのです。https://www.youtube.com/watch?v=CN5UUBRvesw

しかし、私たちが、日々、接する病院や、クリニックでの医療常識は、2010ごろまでに確立した、

医療をそのまま続けます。 

 抗がん剤や、抗生物質を、大量に使い、

 手術や、人工透析を 大いに、すすめます。

そうすることで、病院の経営が楽になるように、厚生官僚たちが、製薬メーカーや医療機器メーカーと組んで、

 全国に,、運営システムを仕組んで、医療保険のマネーを、いきわたらせてきたからです。 このシステムが、おかしいと分かっていても、 金になるから、経営が楽だからと、そのまま、惰性で、続けているのです。

また、1990年ごろから始まった、家庭からの「包丁追放」運動は、

 家電メーカーの電子レンジと、冷凍食品の組み合わせです。 

 これは、外食産業そのものです。

そこに、「311」以後は、100ベクレル以下ならダイジョブという、セシウムなどがたっぷり入っている食材が使われます。

お菓子屋や、レトルト食品にも同様です。

しかも、そこには、遺伝子組み換え食品が、どんどん入っています。

清涼飲料水には、砂糖のみならず、味覚調整と、保存のために、多くの薬剤が使われます。

これを、毎日、毎日、これでもかこれでもか、というくらい、摂り続ける生活が、続いているのです。

そこに、いま、原子炉までむき出しになっている、フクイチが、どんどん、放射能を出しつつづけているのです。

これを、国家の最大の問題にしないのは、理性の劣化です。腐りきった、どうしようもない、劣化理性のままなのです。

これでは、わずかに残っている、健全な青少年たちも、みな、頭の中や心臓から劣化が始まり、血液自体も、不健全になり、子孫を残せないで、F1になってしまいます。

せっかく、美しい田舎に生まれても、都会に出てシステムの奴隷になると、自分の生命力をどんどん削っていくのです。

 

 何回も言いますが、 生存にとって必要なのは、

 汚れていない自然と その恵み、

 偽りを言わない、人間関係なのです。

 あと、いかに、純粋な、宇宙からの「神」とも思える、生命エネルギーを、受信し続けるかです。

 

 この時、学歴の高低や、所得や資産の大小は、関係ありません。 

 どれだけ、汚れずに、ピュアに、つながりあえるかです。

 しかし、毎日の自分の生活、日々暮らす空間と、摂取する水や食品に、まったく無頓着では、もう、何を言っても、無駄です。

 私の言葉は、 それを、求める人にだけ、届けばいい、とするものです。

 生命である自分、人間としての自分を、きちんと、考えようとしない人は、 このブログに入らないでしょう。

 視野が狭く、知識も浅薄であるのに、分かったつもりのひとが、高学歴、高所得者にたくさんいます。

 自分から、次の時代を創ろうとする意欲も、知恵もない人間は、静かに、消えていくだけ。

 (こういう、私も、いつどうなるか、わからない、という気もちで、毎日を生きています)

 それだけ、今は、厳しい時代になっています。 まさに、淘汰と、羽化です。 

 お化けになるその時が来るまで、人間としての今生を楽しみながら、この人類史的大激変の主役になろう。

 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp