「しゃあないなぁ。ほんじゃぁ、安倍もトランプも助けてやるか」ってか、深夜のお遊びですか。

  室蘭で映った落下映像。遅すぎませんか? 

急いで、官邸に総理や官房長官が集まるのは、ISISによる、湯川・後藤「処刑」映像以来ですね。

ISISがほぼ完全消滅で、 東アジアでは、 さらにさらに、困ったときの北朝鮮 なのですね。

ロフテッド軌道で高度4000キロまで打ち上げられるのなら、なぜ、アラスカ方面アメリカ領に向けないの?    

これは、全てを、日本と北との間の問題として済ませるように、誰かがコンピュータ制御をしているのでしょうね。

戦争、オリンピック、貿易摩擦、巨大災害、など、何でもいい、

 日本(政府、国庫、特殊資金)からマネー引き出すためのATMは、どんどん多岐になっていく。

安倍晋三にしろ、麻生太郎にしろ、若い(18歳~20歳代)ときに、生きるためにアルバイトでも何でもいいから、

 誰かに使われて、時給800円未満の仕事をするしかない状況に追い込まれたことは、一度も無いでしょう。

彼らが青年期に、目撃し、実体験したのは、

 国家をダシに、適当に危機を創り出せば、どんどん、マネーが転がり込む仕組み。

こんな経験しか、したことがないのでしょう。つまり、国家権力とは、危機つくりとマネーなり、なのでしょう。

 こんな人間に、 自分で仕事をつくれ、自助努力だ、自立しろ、といわてもなぁ~。

北のカリアゲデブちゃんは、国家と政権の維持のためにも、いいおつきあいをしているだけ。

 G20での、日米以外の国は、みんな知っているでしょ。

戦争屋の仕事は減らしたくないし、かといって、本格戦争もいやだし、大変だね。

今は、メディア上で騒ぎを起こして、中国に、「おまえ、ちゃんと面倒見ろよ」と、プレッシャー。

 

あのさあ、稲田が、閣内からいなくなったといって、

 放射能や環境問題、企業内での過労、子育て、低賃金と、いろいろあるのに、

なんで、こっちに、政策の重点を移せないの? 

 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明点なてんがございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ