今日は日本仏教成立の核心を話します。

 今日7時から、中野研修センターで、町おこし講座の三回目です。
 日本人が考える、日本仏教について話します。
 日本は、なんでも、外来のものを日本化しますが、
 その実態は、
   
     取捨選択 と 新しい意味づけの付与。
 これが、どういう経過で、その行動様式が固まったのか?
 前日書いた、柳沢遺跡の銅戈・銅鐸の埋納から、 「国譲り」や「聖徳太子」を経て、
 持統の伊勢神宮アマテラスまで、800年あります。 そのあとに、東大寺です。
  
 話は、変わって、昨日、友人から電話あり、
  ロシアで、ブリックス会議が行われ、 米ドルに替わる通貨が構想されたと。
 今、FRBと米議会・大統領府が戦闘状態。
 この秋にも、米国経済が、通貨不安で大混乱し、株も暴落すると。
 そうなると、 日本でも政変ですが、
 日本経済が、 うまく切り替われるか、
 それは、私たち次第です。
 さらに、別の友人から、 ここ10数年間、自民党の集票活動を支え、
 ときに引きずりまわしてきた、二つの巨大宗教団体(仏教系とキリスト教系)が
 内部崩壊している、といいます。
 間違いなく言えること。
 私たちは、今、人類史的大転換期にいます。
 特に、日本人が、今後、自らが持つ、生命感応力 と ものつくりの創造力 を
 どう生かすか、何を実現していくか、
 ここが、未来の人類社会を決めます。
 これは、大げさな話ではないですよ。
 客観的に見た、冷厳な事実です。
 日本人の特性について、少し、振り返りましょう。
 
 中国では、今から2200年前、前漢のときに、すでに、
 税金は、通貨で支払うことが求められ、
 汗をかく農民やモノつくりの職人は、金貸しの金利で苦しみました。
 しかし、日本列島では、古代出雲のあと、3世紀に、倭国になっても、
 この通貨を、拒否し続けました。 それは、大化改新の頃まで、続きました。
 私たちは <実体のない富>を 嫌っていたのです。
 1985年以後のバブル、そして2001年以後の新自由主義に酔った姿は、
 こうした、この列島にあった、先達たちの英知を忘れてしまった結果です。
 それが、やっと 世界が、日本人のそうした冷静な霊性を 求めだしたのです。
 きちんと人と生命を、喜ばしているところに、今後は、資金が流れます。
 なぜなら、資金は、人間の心と感応し、広めるべき価値を拡大増殖させる
 意志をもった道具だからです。
 如何に、この現実を、多くのイノチと響きあって、美しく快適にするか。
 ここに集中して、 想像力 と 創造力 を働かしていれば、
 今まで、蓄積した技術・経験・知識が、どんどん生きていきます。
 自信をもって、日本を語りましょう。
 そして、 いい現実を作るときに、邪魔をするものを、改心させていきましょう。
 
 私たちには、 神から与えられた体と、 未来を夢見る心 と
 自分たちの社会制度の枠となる法律を、変えたり、新たに作り出す 権利があるのです。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。