講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

同じ直人でも、「伊達直人」。

  (前奏・・・タラン タンタンタンタン タンタンダンダンダァーン)
   白いィーマットのージャーングールーにィ~
   今日もー 嵐がー 吹き荒ーれーる
   ルール無用の悪党にィ~ 正義のパンチをぶちかませ
   ゆけーゆけータイガー、ターイガぁーマースークゥー
 この世の世界には、悪党はたくさんいますが、それよりも普段の生活で・・・
 自分がどれだけ、富を生み出しているか、相手を感動させているか、
 なんて、全く考えず、ただただ、自分の権利ばかりを主張する。
 これは、官公庁や大企業の組合組織の人間に、よく見られる傾向です。
 中小の民間企業の場合は、とにかく、相手に喜んでもらえなければ、
 何であれ、買ってもらえない。 対価をいただけない。
 苦しくても、身を削ってでも、仕事をとらないといけません。
 こちらでがんばっている人間が、声は小さくても、日本の本当のマジョりティーです。
 日本人の本当のすごさが出てくるのは、これからです。
 漫画「タイガーマスク」の主人公、伊達直人。
 この現象は、多くの共感を呼びます。
 これが、社会変革の現実的力にまで なっていくかどうか。
 以下、ZAKZAKからです。
 http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20110111/dms1101111225003-n1.htm
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホントの福祉を見せてやれ「菅直人」より「伊達直人」がヒーロー
★「タイガーマスク運動」で児童養護施設に光
2011.01.11   タイガーマスク出現地【拡大】
. 子供の味方は、菅直人ならぬ伊達直人-。アニメの名作「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」
 を名乗る人物の寄付が相次いでいる。10日も兵庫、福島、岩手、神奈川各県の児童施設や警察、
 大手スーパーなどに贈り物が届いた。贈り物は全国各地にわたり、「タイガーマスク運動」の輪
 は日に日に広がる一方だ。
 昨年12月25日、群馬県内の児童相談所にランドセル10個が届けられて以降、北は岩手から
 南は沖縄まで、伊達直人による善意の「贈り物」が止まらない。
 兵庫県警赤穂署では10日、玄関横にランドセル4個が入った箱が置かれているのを署員が発見。
 福島県いわき市の児童養護施設「いわき育英舎」でも、遊園地や玩具購入に使える「こども商品券」
 20万円分が入った紙袋が見つかった。
 「伊達直人」は漫画「タイガーマスク」(原作・梶原一騎、作画・辻なおき)の主人公で、
 プロレスラー養成機関「虎の穴」にスカウトされ覆面レスラーとしてデビュー。自分が育った
 孤児院に、正体を隠してファイトマネーを寄付するなど、子供たちのヒーローとして活躍する。
 元大阪府中央子ども家庭センター長の家常恵・徳山大教授は、「現場に携わる者として、何より
 児童養護施設に世間の関心が向けられることが一番うれしい」と話す。
 「児童養護施設に対する国の補助は信じがたいほど低く、日ごろから支援して下さる有志の
 方々の厚意によって成り立っている側面もあります。現実的には、運営者にとっては現金の
 寄付が一番ありがたいのですが、児童養護施設をクローズアップさせる話題づくりとしては、
 ランドセルという選択は一番良かったのかなと思います」
 本当に困ってる子供たちへ。伊達直人の”子ども手当”は支持率急増中だ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。