これから一ヶ月。この予想、当たりそう。「外圧は益々昂進 股裂き、下痢酷い、下血、辞任」

 放知技の常連の木枯らし紋次郎さん。http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15478331

 福島の現状を、オバマが知り、これからどうなるか、を以下のように予想を書いています。

 だいたい、私と同じ見方。 

 自国民を、いつまでも国家権力で、「殺人」し続ける体制のクニを、世界の警察官は、黙っていないでしょ。

 
198:木枯し紋次郎 : 

2015/08/06 (Thu) 01:11:05

 host:*.ncv.ne.jp

正しい(放射能)情報がオバマの天聴に達す。
このままでは合衆国市民にも甚大な健康被害
日本はアメリカネオコン戦争屋変じてオバマに疎んぜられた「戦争乞食」の吹き溜まり、ラストリゾート
戦争乞食も日本に居ればカネが天から降ってくる。ジャパンハンドらーと持て囃される。
戦争乞食はオバマにとっては何時自分の寝首を?くかも知れぬ奴ら
菅やその他の取巻きは谷内を排除して戦争乞食に忠誠を尽くすと決めた
安倍はこれに乗った。かくして安倍はオバマと事を構えると宣言することになった。
TPP 日本から毟ろうにも国家経済が崩壊するのだから画餅に帰す
戦争法案 カタワと病人ばかりの日本人は弾除けにもならない。
安倍は飽く迄1Fは安全と容喙を拒む
使用価値なし、否むしろ有害、オバマとの盃を水に返すと宣言
これからスキャンダルが漏れる 
15日の終戦の日に当たっての談話も単なる独り言に格下げされた
9月3日の北京訪問は、勝者と敗者のハッキリさせる場所になると妄想、
そうしたら国内極右の支持を失う。極右歴史書き換え主義あっての安倍政権
訪中しないとなればアメリカからも圧力
国内はいくらでもコントロールできる。
マスゴミは言うまま気ままのオメカケ。野党は極右票欲しさに沈黙
外圧は益々昂進
股裂き、下痢酷い、下血、辞任

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

これから一ヶ月。この予想、当たりそう。「外圧は益々昂進 股裂き、下痢酷い、下血、辞任」 – 瓊音(ぬなと)チャンネル(旧「新井信介 京の風」)

日本で、外交、雇用、医療、など全ての問題が解決に向かわない最大の理由。課長の視線で、統治体の歴史的変革にいきなり乗り出したこと。

 こんにちは。
 半年前に、現在の日本の停滞を打ち破る方法を、仲間でいろいろ話し、
 お年寄りの預貯金を、若者の仕事つくりに向けさせる、「秘策」を練り上げ、
 今の、民主党の政権内部に詳しい人間に、提案しました。
 そのあと、全く音沙汰ないので、どうしたのかな、と思っていたら、
 やっと、連絡がありました。
 政策を考える秘書たちの間では、評価されているのですが、
 いかんせん、政務三役(大臣、副大臣、政務官)は、どこも、あまりの忙しさに、
 まともに、新規のものを考える時間も、意志、興味もないと。
 これは、すでに決まっている政治日程や、公言してしまった政策のフォローに、
 誰もが忙殺され、それだけで時間がすぎていってしまうからとのこと。
 全ての原因は、
 政治主導 といって、全部の省庁の案件を、全部自分たちが考える、といって、
 官僚たちから、 無言のボイコットを受けているからと。
 
 方針を出し、それにそって、巨大な官僚機構を動かすのではなく、
 その官僚機構を、 金バッチをつけたからと意気込んで、
 自分で、全部、正してやる、きちんと、国民にとっての正解を出してやる、
 と乗り出したのはいいのですが、
 そんなら、全部自分でやってごらん。
 情報だって、自分で取れるでしょ。
 現場に沿った政策だって、自分でできるでしょ。
 官僚達は、 必死にやればできるものを、
 やっているふりをして、 実は、 全く協力しない。
 ただ、政治家には人事権と大臣命令があるので、
 これには、撃ちあたらないように、上手に、毎日を過ごす。
 そこで、 とにかくマジメで、国家を憂いていた仕事好きの
 元官僚の  古川(衆議院・・・大蔵) と 松井(参議院・・・経済産業) の 二人に、
 全ての問題が、襲っていると。
 何が肝心なのか、多くの問題を、どのようにスクリーニングして、
 どこから手をつけるか?
 
 それには、まず、基本の柱が、必要なのですが、
 このことの意味の理解が浅かったようです。
 「コンクリートから人へ」という、スローガン はいいのですが、
 これを、どう実現するかの前提にある、  国家予算の使い方レベル の話と、
 外交、雇用、医療 基準に

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。