講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

官僚組織・制度を変える部局を法的につくる。なぜ、これをしない?松井孝治は今、どこにいる!

 国会議員のみなさん。
一番最初に、議員立法でつくるべきは、
これまでの官僚組織、そして制度を変える部局を、法的に作ることです。
これは、最高の議決機関である国会に、本来の権限を取り戻す作業です。
この法律の意味が分からないなら、もう、政治家をやめなさい。
「変える」という国家意思を、国家にもたせるものです。
中国でも、かつて1980年代、胡耀邦・李鵬の時代に、改革解放を実際にするにあたり、
鄧小平の判断で、国家経済改革委員会と、国家体制改革委員会ができました。
それは、現在では、国家発展改革委員会になっています。
私は北京駐在時代、このときの経済改革委員会の運営担当者と週に3日は話し込んでいました。
これは、既存の縦割りを超えたタスクフォースの組織です。
その人物からは、30年先を見越した、大決断をするためのアドバイスが求められました。
そうした経験からすると、日本では、鄧小平に当たる存在は、誰なのか?
実は、これこそが、法律なのです。
秦の始皇帝以来の、法治主義を完璧に取りすすめているのが、日本です。
しかし、おバカな国会議員ばかりで、国民の声(依存心の強い有権者の要求)を利用し、
それを、官僚が自己利益のために、どんどん制度化することに、なにも危惧してこなかった
のです。
これまで改革と称し、何回も「諮問委員会」をつくり、さらに、事業「仕分け」をやっても、
それらが、法的になんら裏づけのない、権限を持たない組織・集まりでの作業であり、
官僚達や既得権益者にとっては、まったくのガス抜きのお飾り演出の、おためごかしでした。
 松井孝治 参議院議員は 今、何をしている。
貴殿と同じ経済産業省系列からは、まだ省内にいる古賀(中枢崩壊)、さらに評論家になった
岸(アゴさん)と、正鵠を射ているが、水面下でもいいから、是非、連絡を取っていてほしい。
日本には、まだまだ、多くの闇(医療と天皇の金塊資金)があるが、原発問題のいまこそ、
未来の種を作り育てる経済産業省から変えていかないと、日本人の前に向って生きる意志も
失せて、本当に、手遅れになるぞ。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。