[フクシマから100kmの地点で採取した自動車のエアフィルターを調べていますが、ストロンチウムやウランが検出されている。これらは内部被曝するとDNAに結合し、非常に危険です。

クリス・バズピー/Chris Busby 欧州放射線リスク委員会
こうも言っています。
彼らは放射能利権を守りたいだけ 「ICRPの健康基準なんか、信用してはいけない」 
(週刊現代 2011年8月6日号)

以下、抜粋します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日本政府がICRP(国際放射線防護委員会)の基準を盾にとって、『年間20mSv(ミリシーベルト)
までの被曝は安全』と主張しているのは、言語に絶するほど間違っている。ICRPのリスク・モデル
はもともと1952年に作られたもので、その基準は軍需産業が核実験を正当化するためのものです」
こう話すのは、欧州放射線リスク委員会(ECRR)の科学委員長、クリス・バズピー[バスビー、
Christopher  Busby]博士である。
ECRRは、各国が放射線被曝の際の基準としているICRPのリスク・モデルを批判している科学者の
団体で、両者の主張のもっとも大きな相違点は、内部被曝をどの程度リスクに織り込むかという点だ。
- 日本政府が錦の御旗にするICRPのモデルには、どんな問題があるのか。
ひとつは、やはり内部被曝の危険性を過小評価している点です。
外部被曝と内部被曝の違いは、こうイメージしてください。石炭がくべられている暖炉の前に私が
座ると、身体を温めることができます。しかし、その赤熱した石炭を食べて体内に取り込もうと
すれば、どうなるでしょうか?
私はすぐに死んでしまいます。それが、外部被曝と内部被曝の危険度の違いです。
われわれは現在、フクシマから100kmの地点で採取した自動車のエアフィルターを調べています
が、ストロンチウムやウランが検出されている。これらは内部被曝するとDNAに結合し、非常に
危険です。
それにICRPを信用してはいけない理由があります。’09年4月、私はスウェーデンのストックホルム
でICRPの最高責任者の一人であるジャック・ヴァレンティン[Jack Valentin]博士に会いました。
彼こそがICRPのリスク・モデルを書いた張本人ですが、彼は私に、「ICRPの内部被曝についての
リスク・モデルは間違っている」と認めたのです。
彼はその際、内部被曝について「最大900倍ものエラー(過小評価)がある」と証言しています。
彼がそうした発言を始めたのは、ICRPを辞任したから。それで、ようやく「自分たちは間違って
いた」と証言し始めたわけです。
・・・(略)・・・・
被曝は、”あらゆる病気″を引き起こします。免疫システムに悪影響を及ぼすので、感染症に
罹りやすくなり、インフルエンザに罹っても死んでしまう可能性がある。  ”彼ら”に
とっては都合がいいですよね。放射線が原因で亡くなったとは言わずに済むのですから。
実際には、ご存知のように甲状腺もやられてしまいます。精神疾患や子どもの知能低下、心臓
麻痺など循環器系の病気、呼吸器系の病気、さらには女性の不妊や、関節炎や歯が抜け落ちてし
まうといったレベルまで、様々な健康被害を発生させる可能性がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あと、東大の児玉龍彦さんが、インタビューに答えています。

緊急立法を呼びかけています。
また、武田邦彦さんも。

ps: 急死したサッカー松田選手が、3月14日以降、どこにいたのかとても気になります。
  今、30代で、心臓疾患で絶命する人間が出ています。
  「福島県知人男性3人(三、四十代)同時期心臓死
     ⇒共通項は 原発近接エリアから車の運び出し業務」

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。