講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

4月22日は覚悟して迎えよう。IAEA「福島第一」査察の結論と「シリウス」スタート。

 こんにちは。

「福島第一」の事故処理について、来週15日(月)から、IAEA が査察に入ります。彼らは22日に帰国します。http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1011.html

この22日が、アメリカでは、映画「シリウス」の公開日です。

この一週間は、人類の意識が宇宙的飛躍を遂げる(これこそが「羽化」)という意味で、ちょっと、ビクビクです。

原子力と放射能をどう扱うのか? これを都合のいいエネルギーだけを取り出して、戦争に使ったり、発電での経済的利益を得ることに特化してきたのが、 これまでの人類です。

使用済み核燃料の処理方法、そして、放射線に対する医療方法も確立していないまま、目先の利益のために使ってきたことのツケが如何に大きいか、それが「311」で、はっきりしているのですが、この2年間、原発マフィアによって、ごまかされたままです。

 日本での「ごまかし」が続けられた最大の理由は、ブレトンウッズ会議でできた米ドル中心の世界経済の仕組みを延命するためで、これが、自民党の復権、アベノミクスの使命でした。

15日から始まるIAEAの査察で、日本の原子力行政が国際基準で「失格」と成り、福島第一が東電から切り離されるだけでなく、原子力そのものにまで見直しが迫られると、これは、日本の現状のアベノミクスにも、大きな影響が出ます。

最悪、崩壊に向います。

為替が1ドル100円近くまで円安になったところで、日本企業の株式が安くなれば、これは外人投資家にとって、美味しい買い物になります。

一方、この12年間、アメリカで進められていた「ディスカバリー・プロジェクト」の成果である、映画「シリウス」は、 IEAEの代表団が帰国した直後に、アメリカで公開されます。

そこでは、 UFOテクノロジーが、利用可能であることが、全人類に宣言されることになるでしょう。

そのときは、原子力はもちろん、石炭・石油・天然ガスも、すぐ近い将来に不要なる事態が意識されます。

その現実化(私たちが実際に利用できるようになる)には、少なくとも3~5年は、かかるでしょうが、金融界や産業界全体にとって、投資先としての原子力は全く無価値になります。 

アメリカでは、これに敏感に反応するでしょう。 これは、大体、5月におきるでしょう。

一方、日本ではどうか? アベノミクスを囃し立て、日本の国民を洗脳状態しておきたい、政府、マスコミは、なんとか、参議院選挙までは、持たしたいのでしょうが、果たしてそれが可能か?

私は、アメリカと日本とでは、 だいたい、この文明史的な「ディスクロージャー」の認識では、2ヶ月のタイムラグが出るのではないかと思います。

 そこで、今日、言いたいこと。

IAEAの動きには、注目して欲しい。 これは、アベノミクスを終息させる可能性があること。

IAEAの背後にいる人間が、「シリウス」の動きを知らないはずはありません。

グリア博士が、一番、いいたいのは、 自然界を壊すエネルギー(化石燃料や原子力)に、各国が莫大な資金を使っている愚かさです。

もし、アベノミクスに合わせて投資をしている人がいて、今、利益が出ているのなら、逃げ時かもしれませんね。

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。