講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

福島の子供たちの甲状腺異常が急上昇している。もう、隠せない。

海外には福島の真実が報道されています。補正予算で計上されるメチャクチャな資金。皆さんどう考えますか?

日本は、今、アベノミクスに浮かれていられるような状態ではありません。

 

式年遷宮の年。そして、バチカンでは最後の法王が登場する年。

 

これまでの日本を、脱ぎ捨てる時になっています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(以下、一部のみ翻訳)・・・・・・・・・

 

 

 

Fukushima kids have skyrocketing number of thyroid abnolmatiteis.

http://2012indyinfo.com/2013/02/18/fukushima-kids-have-skyrocketing-number-of-thyroid-abnormalities-report-rt/

Officials in protective gear check for signs of radiation on children who are from the evacuation area near the Fukushima Daini nuclear plant in Koriyama, March 13, 2011.(Reuters / Kim Kyung-Hoon)

Officials in protective gear check for signs of radiation on children who are from the evacuation area near the Fukushima Daini nuclear plant in Koriyama, March 13, 2011.(Reuters / Kim Kyung-Hoon)  ロイターの写真:防護服の当局者が2011年3月13日、郡山の福島第二原子力発電所近くの避難地域子供たちに、放射線の兆候がないかをチェックしている(ロイター/キム·ジョンフン
 

A recent report into the Fukushima Nuclear disaster of 2011 has shown that more than forty percent of children have thyroid abnormalities.  2011年の福島での原子力災害最近報告書には、子どもの40以上%が甲状腺異常を持っていることが示されている。

The Tenth Report of the Fukushima Prefecture Health Management Survey, released earlier this week, with data up to January 21, 2013, revealed that 44.2 percent of 94,975 children sampled had thyroid ultrasound abnormalities. The number of abnormalities has also been increasing over time as well as the proportion of children with nodules equal to and larger than 5.1 mm and any size cysts have increased.
The report has also revealed that 10 of 186 eligible are suspected of having thyroid cancer as a result of the exposed radiation.

福島県の健康管理調査の第10回報告書では、今週初めにリリースされた2013年1月21日までのデータにもとづくと、サンプリングされた94975人の子供たちの44.2%が、甲状腺超音波検査の異常を持っていたことを明らかにした。異常の数は時間とともに増加し続けており、それは、5.1mmと同程度かあるいはそれ以上の大きさの嚢胞を持っている子供の割合と同じである。
この報告書はまた、186対象のうち10は被曝の結果として甲状腺癌を有すると疑われていることを明らかにした。(この報告書は、日本のメディアには取り上げられていないが、発表されています。希望者はメールください)

On Wednesday, the Fukushima Prefectural Government announced that two people who were teenagers at the time of the Fukushima No. 1 meltdown have been diagnosed with thyroid cancer, bringing the total number of cases officially confirmed by authorities to three. All have undergone surgery and are now recovering.

Around 360,000 youths at the time of the disaster have to be repeatedly checked to see if they have been affected by the radiation.
In the meantime on Friday, a government-backed researcher claimed that no health effects have been detected in people living in the contaminated area because the radiation level is not high enough.

“Since the accident in Fukushima, no health effects from radiation have been observed, although we have heard reports some people fell ill due to stress from living as evacuees and due to worries and fears about radiation,” Kazuo Sakai of Japan’s National Institute of Radiological Sciences has said.

He went on to argue that people in the area had a radiation exposure of 20 millisieverts or less, while “we know from epidemiological surveys among atomic-bomb victims in Hiroshima and Nagasaki that if exposure to radiation surpasses 100 millisieverts, the risk of cancer will gradually rise.”

Sakai says that it will take years to establish a clear link between the nuclear catastrophe and health risks “as empirical knowledge says it takes several years before thyroid cancer is detected after exposure to radiation.”

Scientists and activists across the globe are still arguing about the possible long-term effects of the nuclear catastrophe while activists accuse the government of concealing the crucial data from people ever since the disaster.

Global environmental watchdog, Greenpeace, has criticized Tokyo of undermining the severity of public health risk.

Kazue Suzuki, nuclear campaigner at Greenpeace, who is not a scientist, said Japan should not try to play down the potential dangers.

“Japan should pour more energy into prevention of diseases including thyroid cancer than talking down the risk of low-level radiation,” Kazue Suzuki from Greenpeace has said, warning “if there is no comparative epidemiological data, the government should err on the side of caution and carry out more frequent health checks among residents not only in Fukushima but in other prefectures,” she said.

An earthquake in the ocean in March 2011 sent a devastating tsunami to Japan’s northeast coast killing around twenty thousand people and sending nuclear reactors on the coast into meltdown.

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。