講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

明日、名古屋で皆神塾です。隕石とG20.

 こんにちは。

北朝鮮の核実験で、外交的には竹島問題が引っ込み、尖閣も下火になりました。

より大きな問題が出たとき、目先の問題は忘れられる、の法則どおりですね。

そんな中、昨日、ロシアに隕石が落ちました。まだまだ来るかもしれません。以前、見た映画にメティオというのがありました。http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD15989/story.html

米ソ冷戦時代の映画ですが、人類滅亡の危機を前に、米ソが協力し合う内容でした。

すでに、宇宙探索では今、人類社会は、科学者や国家指導者の次元では一つになっていますが、地上世界の人類社会の「富」の奪い合いに関しては、まだまだ、もめています。

マネーが絡み、さらに、巨大なメディアが多くの関心と消費を生むためです。これが雇用にも繋がります。

その中にオリンピクがあって、今、レスリングが開催種目から除外される危機になっています。ここで、日本、アメリカ、ロシア、イランが一斉に反発です。この4カ国の組み合わせは面白い。どうも、韓国によるテコンドーのごり押しが背景にあるとのことですが、日本での東京オリンピック招致の熱は下がりましたね。2020年のオリンピックが東京に来なくても、レスリングだけは残して欲しい、というのが、普通の日本人の感覚でしょう。

一方、経済では、麻生財務大臣がロシアのG20でアベノミクスを説明。デフレ対策だ、といいますが、日本人家庭のサイフの中身が、果たして増えるのかどうか? 今のところ、円安で、原油や小麦、そして、パソコンの部品の値上がりばかりで、何もいいことはない。株屋と輸出企業には、思わぬマネーが入っていますが。

 麻生氏は、日本の政策について「賛成とか反対とかいう意見はなかった」と述べたが、「本当にできるの?」が多くの関係者の見方でしょう。

 さて、どうなるのでしょう。 小泉進次郎はTPP参加を安倍総理に突っつきますが、自民党はこれまでの利権を手放したくない人ばかり。

 私たちは、何を、どうすればいいのか? 名古屋で検討しましょう。

名古屋での勉強会(皆神塾)の詳細は次からどうぞ。 → 皆神塾・名古屋のご案内

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。