講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

今年は、始皇帝没後2222年の年。

BC323年にアレクサンダーがバビロンで世を去った後、 

  彼が理想としたヘレニズム世界はどうなったか?

  そして、 血統によって、世界神(YHWH)とつながるとするヘブライズムは?

  ここから、 中華帝国も  古代出雲も、 ローマ世界も始まっています。

ちなみに、中華帝国を作り出した嬴政(えいせい)の生涯について、以下、挙げておきます。

BC259年、秦の公子政(後の始皇帝) 生まれる。
BC246年、太子政が即位する。始皇帝に。
BC237年、始皇帝23才の時、相国(実父)の呂不韋(りょふい)を追放して国政を握る。                           以来17年間に韓・趙・燕・楚・魏・斉の六国を併合。
BC221年、斉を滅ぼし、ついに天下を統一する。
BC220年、第一回巡狩。度量衡、通貨の統一に乗り出す。
BC219年、第二回巡狩。泰山にて封禅の儀。 その前、斉の方士、徐福に東海に薬草を探させる。
BC218年、第三回巡狩。張良が始皇帝の暗殺を図るが未遂に終わる。
BC215年、第四回巡狩。燕の廬生に仙人を探させる。
BC210年、第五回巡狩。 始皇帝、之罘(しふ)にて自ら大魚を採るが、平原津にて病気となり、沙丘にて崩御。

この始皇帝は、自らを「朕(ちん)」と呼びましたが、

日本では、明治維新後に、伊藤博文は、それを、明治天皇に言わせています。 

日本の近代化の本質を知るには、この中華帝国の成立の意味も、きちんと知る必要があります。

ちなみに、この始皇帝の統治方法に反発した人物で、「日本建国」にも関わる重要人物が二人います。

 一人は、徐福。 ・・・BC219「泰山封禅」の直前に 日本列島に来ています。

 もうひとりは、AD702にそれまでの「倭国」の国名を「日本」にするのを認めた、武則天(則天武后)です。

日本文化の本質を考える時に特に重要なことは、始皇帝が通貨を統一した後、この日本列島では900年以上に渡り、ずっと通貨がなかったことです。(大陸からの輸入通貨は、イエスが活躍した王莽時代に「貨泉」が入ったが通貨としては全く流通しなかった。天智が667年に近江大津宮を作るときに「無紋銀銭」が配られたが、これは賃金であり通貨にならず、また、天武は683年に「富本銭」を作ったが、これは試作品のみで終わった。正式な通貨は、708年の「和同開珎」が初めてだった。)

 政府が消費税をアップしようとする今、 皆さんは、この問題を、どう考えますか?

 

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。