講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

元旦の地震の影響か、福島第一4号機が崩落?政府は明日、明後日の数値発表をしないという。これは本当にまずいぞ。

友人から電話とファックスで連絡がきた。4号機が最悪の事態になっている、と。

非常時であることは何ら変わりがない。 昨年末の政府発表、「冷温停止」で「収束宣言」は本当に罪作りだ。

2日~3日のセシウムの定時降下量が異常に多くなっているが、7日、8日のこの数値の発表を政府はしないという。 なぜなんだ?!!!   http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1285/2012/01/1285_010618.pdf

 4号機が地震で重大事態に? あそこの燃料プールの放射能が出ているのか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   

02 :名無しさん@12周年:2012/01/07(土) 01:00:27.41 ID:Lof3PJWm0

 ツイッターからの転載だが 詳細な情報データあげられる人がいたら冷静に検証してみてくれ

◆ふくいちライブカメラ
1月6日、午前1時頃から黒煙上がり続ける
福島4号機タンクの水位下降で、燃料棒冷却が低下。
黒煙の発生が、再臨界でなければよいのだが。
情報が途絶えていて、現況は不明。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00000093-mai-soci

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120102-00000043-mai-soci

1日に起こった鳥島近海の深層地震により
福島原発4号炉は燃料プールに水漏れが起こり、燃料のメルトダウンが始まったようだ。
すでに2日には黒煙が上がる状況で
(この黒煙は核燃料が高温になり、地下のコンクリートを溶かしているものと思える)
3月14日の3号炉と同じ状態

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さらに、武田邦彦氏は、以下のように言っています。

http://takedanet.com/2012/01/post_2d51.html

http://takedanet.com/2012/01/4_360f.html

 嘘を言い続ける政府。事実を伝えないマスコミ。

「最悪に備え、最善を尽くす」というまともな判断ができない政府、行政、マスコミ。

子供達をとにかく守ってください。 非常時なのです。 

  マスクは当然。  糠漬け、 姫川薬石、 竹炭、 リンゴ(ペクチン)。

以下は、昨年末に出されていた警告の一つ:

http://www.asyura2.com/11/genpatu19/msg/468.html

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。