とても気になる、阿蘇の米塚の穴。この付近は、2万年前の遺物が多くあります。

 阿蘇の米塚で、頂点に穴ができています。

気になります。 http://saigaijyouhou.com/blog-entry-12651.html

私が、2004年の冬至に、鞍岳に登ったとき、そこでは、2万年前と思われる人類の足跡を多く見つけました。

ウルム氷期の時代、熊本の阿蘇は、日本列島の中でも、中心だった可能性が高い。

当時の人間たちは、意志の力と、周波数で、重力制御の技術があったのではないか、と推測します。

ナスカ地上絵も、きっと、当時のものでしょう。

私は、ウルム氷期が終わってから後の、1万5千年前からの人類文明(この中で、「縄文海進」があり、日本列島が形成された)の中で、如何にして、天皇なる存在が、日本列島に生まれたか、を考えています。

日本列島の民(縄文人、海洋民)には、2万年前の記憶があって、それが、「天の岩船」伝承になって残された、という仮説も、まじめに考えています。

アフリカで誕生した、新人(クロマニオン)が、6万年前に、アフリカ大陸を出たあと、

どのような軌跡で、日本列島に入ったのか? そのとき、どんな発展をしたのか?

まちがいなく言えること。

 人が自然を征服したり、人が人を支配するという、発想は、

 何かの、特別な作為(操作)がないと、うまれないということ。 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O