何でも言っていい時代。都知事選で真実がどんどん語られる。その先に待つものは?

 こんにちは。

明日、東京の都知事選挙です。

もう、自民・公明の、「ムサシ」による不正選挙は、多くの国民が知っています。

先日の参議院選挙でも、ありましたね。三宅洋平氏の投票がゼロの地域があるなんて、どうしようもないほど、ミエミエの不正なのに、当の候補者自身が、それを訴えないとは、まったく残念です。

選挙の3日後に、せっかくラジオで総理夫人の引き合わせで、安倍晋三本人と、直接、話できたのだから、まず、「自分の票が全くない地域があったが、これはおかしい。不正がまかり通っている。こんなことではダメでしょ。この国は民主主義の基本が壊されていますよ」と、堂々と日本国の最高権力者にいうべきでした。 

これは、2012年年末の衆議院選挙の時からそうです。

 →注意: 後追い追記31日記 

  上記の「先日の・・・最高権力者にいうべきでした」の部分ですが、飯山一郎さんに指摘された通り、

  私の重大誤認です。三宅氏が得票ゼロの地域はありませんでした。自戒として、このまま残します。 

 

選挙での投票権。これは、人間個人の尊厳そのものです。 

社会構成では、これがもっとも大切で、全てと言ってもいい。

個人の投票を尊重する。とくに、統治体で運営では、国家権力は暴力装置ももつので、

それを如何に、制御するか、これこそが、人類が長い時間をかけて、つかみ取った叡智なのです。

この自覚が、あまりになさすぎます。

権力者の横暴は、無知の現れです。 それに、どう、対抗し、その姿勢を変えさせるか?

人間個々人に、 想像 と 創造 の能力が与えられたことこそ、人間が、神の一部であることの意味です。

人間は、どんな突出した能力があっても、その一個人が、神が作り出した宇宙の真の姿(権能)をすべてつかめるわけではなく、

それぞれの人間がつかんだものを出し合って、より正しい知見を広め、3次元宇宙で、この地球にある現実に、より、快適で、美しい世界を創りだしていく。 これが、人類に与えられた、終わることない、宿命です。

 その中で、

自分だけが真理をつかんだ。絶対に間違っていない。そして、それを元に国家権力で制度化した。これに従え。 ・・・ こう強弁することで、多くの横暴な権力者と悲劇を生んできたのです。

 異なる意見が衝突するとき、戦争という手段の代わりに、選挙の手段を、私たちは、つかんだ。

 有権者とは、権力体を構成する、権利を持つ人間のことだ。

これが、日本の場合、戦後、検察そのものが、アメリカの支配下にあった。最大の理由は、戦争に負け、アメリカの国家戦略と、FRBの米ドルでの金融戦略の中に、日本の権力構造そのものが組み敷かれたこと。

そして、FRBの金融システムに、戦争を好んで起こす人間が入り込み、FRBの機能を補佐する機能として、日銀と、日本経済そのもの(日本国民の汗と税収と、官僚機構)が位置づけられ、日本をアメリカに対する、マネーでのATMにしたこと。 この構造を、日本の権力層と官僚は、すすんで受け入れ、その中に、国民が関与できない世界を創って、一部人間の個人利益を、組織を作って取り続ける体制をつくったこと。

それが、日本での、エリートというのでしたが、 

 で、今、どうなのでしょうか? 

マネーをどんなに刷っても、経済界には、日本の未来に、全く希望(需要)が見えてこない。 

 一体、何が、足りないのだ?

これまでの「枠」のままでは、もう、人々に、希望を実感できる現実を作り出せない。 それだから、今、

 日本では、急速に貯蓄率が増えている。

「マネーが未来を保証する」との信仰のままに、今の「枠」=制度のままでは、まるで先が見えないという、実感から、とりあえず、銀行に、稼ぎを蓄えておく、という、心情の現れだ。

そして、そのマネーが最も稼げるとして、若者たちが、放射能だらけの東京にいく。福島では、そこにいるだけで、多くの補償金がもらえるとして、家族を逃がさない。

 マネーを、どう使うべきなのか? そのときの、枠組みは、どうあるべきか? 

ここが実は、今、最も問われているのだが、既存政党は、これまでの「枠」を越えられない。

 

 さて、都知事選挙、おもしろい。

この選挙の基本は、東京五輪の利権争い。 石原慎太郎とその仲間たちが独占したがるのを、

自民党の他の議員が、割り込みたい というもの。

そして、背後には、

 ①東電の経営から、フクシマを切り離す

 ②石原慎太郎が、アメリカ戦争屋の犬だったので、これを、もう、完全に、政界から排除したい

この二つが、日本・アメリカ・の良識派、そして、華僑・王族会議からでているということ。

初めは小池にすることで、石原(そして森)を排除し、オリンピック予算をどんどん膨らませようとしていたが、  

 オリンピックを、この東京で、「問題ない」「アンダーコントロール」の嘘のまま、実施させるのか。

 今、ロシアのドーピングだけでも、国家を揺るがしているが、

 東京五輪は、安倍晋三の「嘘」と、「裏金」で、勝ち取ったことは、世界中が知っていること。

で、今、

 「何でも言っていいい時代」になった。 

 本音を言う候補と、その応援者が どんどん出ている。

・小池百合子に対し、石原慎太郎が罵声(聞くに堪えない「女性への悪口」で、ここでは書けない)を浴びせた。 

・鳥越氏は、小池氏を、核武装論者。増田氏には、直前まで東電の役員だった、と指摘する。

その前、

・立花高志 は、NHKの内実暴露する。

・桜井誠 は、この国が、戦後行ってきた、外国人に対する異例な措置の撤廃と、パチンコ産業と警察の癒着を指摘する、

・上杉隆 は、 メディアの不正 声高に叫ぶ。

 などなど。

まああ、とにかく、多くの言説が出てきて面白い。それも、それぞれに、真実なのだ。

で、日本は、どんな、国なのか?

 今上陛下は、8月8日に、国民に向けて、ご発言と。

私は、明治からの近代国家、なかでも、マネーに使い方に問題あり、とする人間です。

一旦、止まって、生存権だけはきちんと保証し、生活を確保(実物供与)しながら、全てを組みなおすべき、が持論です。もちろん、社会美化などで、一定の役務が発生するのは、当然です。

 イギリスのEU離脱決定で、世界経済が危機的だと言って、マネーでの信用創造が進まない、信用が壊れるというだけの話。

 これを、戦争によって解決するのは、もう、できない。

では、どうするのか?  相互扶助での解決方法もある と思っています。

 武器に 依らない、 安全保障。

 マネーに 依らない、 経済発展。 

必ずできます。 

 安全も経済も、 自分の心と行動が決めます。 この時、国家を、どう捉えるかです。

 

明日の選挙に関して言えば、もはや、増田の目はないです。

小池になれば、ヒラリー一派は、一安心でしょう。でも、鳥越になれば、これは、何が起きるかわからない。

でも、それでも、日本国民の覚醒の流れは、変らない。

 安倍晋三が、大打撃になるのは、間違いない。 

それよりも、放射能対策と、地方での(経済と生命の)生き残り対策。

私自身としては、地球人類史の中での、天皇の誕生と変容、その意味をまとめることが最重要。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ