マクロン(ジオニスト連合)VSトランプ(DIA+Q) 面白いね。

 

麻生と安倍、さらに、日本の財界、そして、司法(検察庁)は、

 どっちにいるのでしょう?

肝心な原発 と、放射能基準は、どうなるの? 

フランスは、農業国で食品自給率は140%。輸出品にワインとチーズがあるのは有名です。もう一つあるのが、原発で作り出した「電気」で、これをイタリア・スイスなどに輸出しています。そのフランス原発での廃棄物となったプルトニウムを、資源にすると言って、せっせと輸入していたのが、戦後の日本国です。それが蓄えられている場所が、青森の六ケ所村です。

日本国が原発を続ける(再稼働を容認する)というのは、放射性廃棄物を、ゴミでなく、まだ使える原料の資産として抱えることになり、今の日本国の経済社会は、この会計経理(厄介者のゴミを資産として計上)で、成立しています。

しかし、プルトニウムをつかった、プルサーマル計画は、福井『もんじゅ』が2016年年末に廃炉が決まった通り、全く実現化の目途がたたないままなのです。

日本では、食品の放射能安全基準を、「311」直後に、何の医学的根拠もないまま1キロ当たり500bq未満なら流通させてもいいとし、さらに3年後に、その基準を100bq未満にしたのを、「世界で最も厳しい基準だ」と葛西・今井らの日本の原発マフィアが吹聴し、これを宣伝をしています。この決定を真に受けている「忖度」知性が地方公務員に蔓延したままです。逆らうと、地方に「マネー」が来なくなるからです。(ドイツは、セシウム137で大人は8bq、子供は4bpの規制を設けています。10bpでも子供には危険なのですが、こう言う科学者の声を無視したままです。)

 それで、生命力が低下し、急性心不全や白血病などで、どんどん人口が減っていきます。若者たちは、結婚しないし、したくても(金と夢と気概がないので)できないし、子供が生まれないし、同性愛が増え続けているし。その間、「二人に一人」が癌になって、その癌治療を、日本国の高度医療として、成長産業・輸出産業だと、財界人がしたり顔で話するし。

 だから、こんな替え歌が,作られてしまいました。秀逸ですね。 5chにありました。

 (ただ、以下の歌詞にある「ユダヤ」は、

  「血統ユダヤ」「信仰ユダヤ」「ジオニスト・ユダヤ」のうち、最後のものです。)

山本リンダの『狙い撃ち』のメロディーで。

31名無しさん@1周年2018/11/22(木) 22:46:51.56ID:yLGwIOFT0
      /\

    /::::::::::\

   /:::<◎>:::\

 /:::::::::::::::::::::::::::::::\



https://y outu.be/OgwxTP9mH3U



ユダヤ ユダヤ ユダユダで

ユダヤ ユダヤ ユダユダや

ユダヤ ユダヤ ユダユダの

この世はユダヤのためにある



見ててごらんこの陰謀

人工地震(噴火、気象兵器)はお手のもの

自作自演は十八番

ユダヤが世界の支配者だ



フランス革命 ロシア革命

世界大戦 裏にユダがいる

神がくれたこの知謀

無駄にしては罪になる

この世のすべてを摘むまで

世界の破壊もいとわない



ユダヤ ユダヤ ユダユダで

ユダヤ ユダヤ ユダユダや

ユダヤ ユダヤ ユダユダの

この世はユダヤのためにある



世界の覇権を取るために

いくさしてもいいじゃない

人口削減できるなら

お安いものだと思うでしょう



エイズも癌の増加も ホモもジェンダーも

原発爆発も裏にユダがいる

神がくれたこの知謀

無駄にしては罪になる

この世のすべてを摘むまで

覇権と基軸通貨は渡さない

 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明点なてんがございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。