講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

お互いに攻撃せずで、中国もアメリカも国家存続。で、日本は?

こんにちは。 米中首脳会談の様子をNHKは、以下のように報道しています。

 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130609/t10015175321000.html

私たち日本人にとって、懸案だった尖閣については、オバマの主張はこれまでどおりです。

「主権問題に関わらない。よく話し合って」

自分たちが、領有権を曖昧にしたことを、絶対に認めない。そして、中国の主張を否定しない。

東アジアに軍事的に関わり続けるためにも、「尖閣」が必要なのです。

 ただし、今回、はっきりしたことは、

①軍事衝突には、ならない。(させない。望んでいない)

②自分から積極的に解決に動かないことで、日本からの軍事費の負担を、引き続き引き出す。

③日中間に解決に向けて主導させ、平和への方向に向わせるが、日本を独立させない。

これは、尖閣に関連したことですが、元々、中国の共産党政権については、アメリカ国内では、この政権を崩壊させるという考えの人間もいました。これに対し、中国では、アメリカの中枢に入り込んで、かく乱工作で対抗しようとの考えもありました。この国家同士の戦略次元について、お互いに、存在を認め合ったということ。

 米中間の最大の問題は、サイバーテロ、そして、国家の枠組みを壊す内紛。

 中国には、チベット、東トルクメニスタン、法輪効、環境問題、人権問題があり、これをつかって、アメリカは、揺さぶりをかけてきました。これについては、今後は、裏からの画策ではなく、正面から改善を国際社会の声として求めるのでしょう。 きっと オバマと習にとっては、 

 両者は、大国の首脳として、まず、メンツがたつこと。

 そして、 個人として、地球上、どこでも自分の財産が保全されること。

これが本音。そして、これが、現実。

さあ、こうした中で、日本はどうなるの? 

「尖閣」について、オバマが「話し合え」というのは、「ここに領土問題ある」と言っているので、 安倍政権のいう「存在しない」ということは、否定されています。 

まして、日本が、アメリカを離れて、独自で東アジアに動く(基盤を確保する)ことも、認めていません。 彼らの意識では、日本は、上納金を差し出す、合衆国内の一つの州のような存在でしかないのでしょう。私は、特別行政自治区といってきましたが。

 以上を踏まえれば、これまでの「国家」の次元では、今の日本は、外交的には、軍事的タカ派の「攻め」はもうできないことを意味しているのではないか。

一方、個人の命を大切にする、普遍的なハト派の立場にたって、日本は主導権を握れるかというと、今、ある現実は、それとは全く反対で、世界中から非難される状態に嵌りこんでいます。 フクシマ第一の「現実」隠し、そして、「慰安婦」と橋下の「風俗」推奨発言。

日本がどの方向に国家(統治機構、制度設計)を変えていくことが望まれているか、もう、詰め将棋のように、追い込まれていると、私には見えるのですが。 そう見えていない安倍は、転ぶしかないでしょう。

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。