奇跡の地だ。高千穂町の秋元。放射能で傷んだ身体が蘇生する実感・手応えが湧いてきた。

  11年ぶりの秋元。

今回は、公民館で、この地の持つ歴史的意味を、宇宙論、東アジア史、日本の王権発生史の観点で、私の理解をお話した後、参拝いたしました。

その間、地元食材の手料理を、みんなで、頂いたのですが、どれも純度の高い生命振動数に溢れていました。

今回の冬至のイベントに参加した関東の人間がいうには、皆、熊本空港に降り立った時から、呼吸が楽になり、さらに、高千穂町に入り、どんどん、秋元地区に進むに従って、身体が、いきいきと蘇生していくのを、実感しています。

 何もしなくていいのです。

この秋元の場所にいるだけで、そこには、ほんとうに、宇宙からの、生命波が、どんどん、入り込み、それを、受け止められるのです。

 まさに、奇跡の地。

その先にあるのが、標高645mの秋元神社。 ここの水がまた、美味しい。

それに、冬至。そして、太陽。

冬至の儀式が、1700年も、封じ込められていたのがわかります。

ウシトラの鬼門とは、権力者にとっての「鬼」の門なのです。これは、人間の身体を蘇生させ、精神を覚醒させ、権力に関係なく、自律していきる決意を促すものなのです。 これは、 民衆の目が開くことを意味します。

漢字の「民」の語源は、「片目を、刀で潰された人間」の意味ですが、この地にいると、そして、特に、冬至の太陽をうけると、 真実を見る目は潰されないし、仮に潰されても、また、復活する。

 私は日本列島内に、お気に入りの地を、いくつか確認していますが、

この高千穂の秋元の地は、 沼島、 能登町 とならんで、ベストです。

特に、放射能でいたんだ身体を修復するという意味では、今、私が知るかぎり、最高の地です。

三方を山に囲まれ、ウシトラに開けて、しかも、湧き水が有ります。 今回は冬至でしたが、一年を通して、ここに来ていたいと感じていました。宇宙と地球、イノチのながれを意識して、 身体に入り込む、根源からの波を、感じていれば、それだけで、十分。

 きっと、九州には、こうした地が、他にもあるのでしょう。 黄牛の滝も、きっと、そうでしょう。 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp