講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

京都にある神武天皇の母親が祀られている神社は?

 8月30日の衆議院選挙で、日本の変革が始まります。
 新時代を開くんだという自覚を、みなさん、ぜひ、持ちましょう。
 
 私たちの国・日本は、 天皇をいただいていますが、
 その天皇は 皇祖神アマテラスの子孫とされます。
 
 この神話を、そのまま信じるのもいいですが、
 それでは、日本以外のヒトと、歴史の話ができなくなります。
 私は、万世一系は、 持統のときにできた、政治的な合意事項
 と考えています。
 で問題。 どこからが実在の人間なのか?
 記紀神話では、 神代の時代、人間として天下った最初の人が、
 カムヤマトイワレヒコ=神武天皇です。
 天下った場所が、宮崎の高千穂。
 そして、 瀬戸内海を東征して、紀伊半島を回って、
 奈良の橿原で、即位したことになっています。
 その神武天皇には、母親がいることになっていて、
 京都に祀られています。 どこか、わかりますか?
 京都には、 上賀茂、 下鴨、 松尾大社、 八坂神社、 蚕ノ社 とか、
 いろいろありますが、 この神武のお母さんが、祀られている神社はどこでしょうか?
 答え  
  下鴨神社の摂社の、 河合神社 です。
  ここは、鴨長明ゆかりの神社です。
  下鴨神社は、 ヤタカラスが、集まるところとしてもしられます。
  また、御手洗(みたらし)団子の 語源となった 「御手洗」の池 がありますし、
  ここで孝明天皇の実子睦仁 が、大納言家の中山慶子から生まれています。
  なぜ、上賀茂神社 でなく、下鴨神社に、
  神武の母の 玉依姫が祀られているのでしょうか?
  そもそも、上賀茂と下鴨とは、何が違うのか?
  明治の那珂通世博士は、神武の即位年をBC660年と割り出したのですが、
  その根拠なり、計算式なりは、何だったのでしょうか? 
  この年代の意味を知るには、世界史の知識が不可欠です。
  そして、そのとき、玉依姫の存在と、その意義・意味が、明確になります。
  
  北イスラエル(BC722) と、南ユダ(BC597)が国を追われた、
  その中間年が、だいたいBC660年です。
  どうも、明治政府中枢は、恐ろしいほど正確に、日本列島にどのようにして
  王権ができていったのか、その成立過程を知っていたと考えられます。
  当たり前のことですが。
  この河合神社が、今年、整備されています。
  どうも、とても大きな意味を持つようです。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。