とんでもない金余り。

日本もアメリカもヨーロッパも、ゼロ金利。
サブプラ破綻のあとは、シツテム維持のために、
各国の中央銀行が、資金を大放出。
それを、各国の政府、銀行、企業がどう使うか?
今、 一番愚かなのは、
 母子家庭の手当てなど、福祉を切ったままにして、
 あわてて、マンガ記念館を作ろうとする日本政府です。
 その上で、しかも、 
 プライマリーバランスを口にして、
 消費税の12%を言い出します。
 財投・特別会計の一般財源化も、まったくなし。
 もはや、日本国民のことを、まったく考えていない人たちです。
 体制維持。
 これまでの予算の使い方を、維持することが
 すべてに優先しています。
 
 情けない国です。
 これでは、 子供たちを、不幸にします。
 一方の隣の中国。 台湾を完全に経済圏に組み入れ、
 日本の100倍の速さで、変わっています。
 日本で、10年かかって、やっとできることを、
 1か月で、やっています。
 国防と治安を除く、 国家の発展計画のすべての権限が、
 国家発展改革委員会に集中されています。
 関係する各省庁から、45歳の局長級エースを集め、
 温家宝首相が、   課題・テーマを出し、
 それに対する対応策を、一ヶ月で纏めさせ、
 その案を、すぐに、政治力で実行します。
 
 これは、一党独裁のなせる業ですが、
 
 今の日本政府=自民党・官僚体制は、
 
 アメリカから言わたことに対しては、
 
 今回の15兆円の補正のように、すぐに、バラマキが決まりますが、
 >> それ以外は、まるでだめ。
 
 政治家(自民党)が、 官僚の道具であるからです。
 麻生さんの呼びかけ(思いつき)に、その言葉尻を捕らえて、
 自らの予算と権益確保の材料にはしても、
 
 彼の発言を、国家の指導者の命がけの真剣な声として、
 まともに、受け止めることはありません。
 こんなアホな人間のいうことだから、 と
 舐めきっています。
 トップの心と姿勢が、人を動かしますが、
 利権政治家では、 官僚たちは、心が動かされないのです。
 
 当然、本気になって、妙案を探りだそうともしません。
 自民党の身内の、お抱え学者・評論家の意見を聞くのみでしょう。
 こころある官僚を、 引き出すのは、
 私たちが誰に、最高権力を持たせるか、の意思の問題です。
 あの舛添さんも自民党である以上、 医療・薬品業界の擁護者の立場を
 一歩も出ていない。
 本気の医療費削減ができません。 
 
 繰り返します。
 世界は、今、とんでもない金あまり。
 行き場のない資金が、資源に向かっています。
 原油は、 1バレル70ドルです。
 しかも、世界的に景気が回復しだしたので、
 急速にインフレが到来しかねません。
 本来なら、政争などしてる暇はありません。
 しかし、今の行政のままでいることは、
 もっと、大きな禍根を残します。
 覚悟しましょう。 本気で変えると。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。