平成最後の「歌会始」。陛下のメッセージは「ひまわりの種」。

以下、ヌナトクラブのメンバーからメールがありました。
そのまま、転載します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
新井先生
今年の天皇陛下の御製は
「贈られし ひまはりの種は生え揃ひ 葉を広げゆく 初夏の光に」。
ひまわりの花言葉は「憧れ」「あなただけを見つめる」というものがありますが、
大輪のひまわり(向日葵)の花言葉は「偽りの愛」「にせ金持ち」という意味もあります。
深読みすれば「偽りの愛の種を贈られた」とも解釈出来ます。
偽りの愛の種(の成果)が初夏(5月)の光の下で羽を広げていく。
しかし、ひまわりは夏の太陽の下で咲き誇ったあと、秋には枯れていく。
それが「稲の根本に鎌をあてがう」時期なのかも。
皇后は命乞いともとれる歌を詠んでいます。
「今しばし生きなむと思ふ寂光に園(その)の薔薇(さうび)のみな美しく」。
皇太子は吉野の峯を詠んでいます。
「雲間よりさしたる光に導かれわれ登りゆく金峰(きんぷ)の峰に」。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
最後の皇太子の歌。
新聞発表では、長野と山梨の間の金峰山に、高校生のときに登山した感慨を詠んだと伝えられていますが、
これは、貴殿の言うとおり、吉野の金峰山を指しているとするととても面白い。
大海人皇子(天武)は671年に大津宮に行って天智に会い、槍を突き立てて抗議した後、宇治の木幡経由で吉野に籠った。そのとき、まだ若い(天智の娘の)鵜野讃良は大海人を信じてついてきた。天智は二人の後を追い、木幡を訪ねるがそこで何者かに殺される。息子の大友皇子が追っ手を放って、吉野の隅々まで調べて二人を追い込むが、それを匿って救ったのが吉野の国栖の村民たち。
 二人が新年を迎え、吉野を出立するとき、国栖の人たちは、大業を志す大海人に向かって「舞い」でエールを送った。これが、いまでも続く伝統行事の「国栖奏」です。実は、そのとき、信濃の高社山の麓(笠原の牧)では、多くの馬が育っていました。そこから壬申の乱が始まりました。
国栖奏は今年も2月18日(今年は、月)に催されるようで、私もその場にいたいと思います。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。