講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

ミエミエ・ヌケヌケで、デンデン庇う既得権益サークル。国民がどんどん覚醒する。

佐川くんに、柳瀬くん。

32253741_1520025091439459_6352033399858790400_n-(1).jpg

一体、何のために、役人になったの?

日本の権力者に対する、忖度の行きつくところ。
官邸は、経産省の原発マフィアが仕切る。
 国民のイノチを棄損(劣化・弱体化・痴呆化)しまくっても、まだ、原子力にこだわるのはなぜ?
 核兵器禁止条約にも、入らないのは、なぜ?
 戦争中は日本も遼寧省や北朝鮮で核実験していたが、あえて最初に被爆国になったのが日本。
内閣人事局は、法務省のみならず、どうも、最高検察庁まで「忖度」支配している。
地検の検事たちが、動けない。
これは、完全に、日本の「人民中国」化だ。

そして、今、NHKの政治の解説員が、岩田女史。
昨夜9時のニュース解説時は、濃いめの化粧がバッチし決まって、これまでにないほど輝いていました。
「運命の子」を産んだ、ご母堂様からの覚えめでたく、
局内では、女帝のごとき、風格だとか。

「311」で電源喪失での爆発、さらに、「アンダーコントロール」のウソ これ誰だ?

最高の下手人がいつまでものさばる。こんなものが、永遠に続くはずはない。

国民は、今、国家とは何か? 政権は、どうやって作られ、何によって維持されるのか?
現実の国民の生活と、国家の資産分配や財政政策は、どんな関係を持っているのか?

日本列島に君臨?している「お上」は、国民をだまし続けると、その正体を、国民はとことん知った。
それが、なぜ、生きながらえるのか?  三権分立と言いながら、 実態は、だましでの独裁。
国家と、個人の存在が、対等である、ときちんと知らないまま、近代国家(の風体)をつくってしまったから。

さあ、これから、一年、何が待っているだろう。 

今は、まず、半島分断の完全解決。
そして、インチキでない、イスラエル、本物のユダヤ人の存在が確定。
これが、日本のデッドポイントまでに果たすべき、命題か。 

米朝会談の開催地にきまった、シンガポールとは、客家の拠点。
すでに、日本とは、自由貿易協定があり、しかも、人民元が流通するアセアンの仲間。
マーライオンは、ライオンの頭と、サカナの体。
ライオンは、ユダ族のトーテム。 サカナは? イエスでもあり、海洋族。

YAMATO って、いったい何なのか? 
これが、美しい国だって? 

そう、先住者を押しのけ、平気で高い壁を造って、靴に入ったチョコレートを客人に食べさせる首相のいる国の人間にとっては、この日本列島とは、本当に、神と一体になれる、と感じるところではあるけどね。

 

PS: カリアゲ君、ポンペオが行ってから、説得(脅迫)されて、アメリカ人を3人を解放。
  ついでに、終戦直後の日本並みに、全部の軍事秘密を公開したかも。
  しかし日本の場合、アメリカの特別行政自治区ながら、陰で、秘密に軍事兵器をつくっていた。
  そして、裏で北朝鮮と繋がっていたが、 カリアゲは、いち早く、日本の手を切った。
  デンデンの「悪事」が一般国民に公式にバレるのを隠してやるから、いいなりになれ。
  お前は、アジアの上に立つのではなく、アジアの為に、汗をかけ。
  シンガポールは、山下奉文が、イギリスのパーシバルに、「降伏するか、イエスか、ノーかだ」と迫ったところ。
  山下奉文は、山本五十六と並んで、秘密がいっぱい。
  ビクトリア女王には双子の兄がいましたね。そして、山下奉文の誕生に合わせるかのように、日銀が日銀券を発行しています。
  これを指摘した「京の風」が、

 金融ワンワールドには、どうも、タイムスケジュールがある。 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。