講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

村田光平先生のメールです。「フクシマ事故の教訓を無視し原価総括方式を維持し、再稼働、原発輸出などをすすめるのは内外から原子力独裁とみなされています」

皆様

放射能無害神話を作る動きが見られ出す中で、
福島の非難区域解除が進められております。

原子力規制委員会は安倍総理に事実に反する「世界一厳しい基準」と度重ねて発言させております。

国民の命に関わる福島での避難区域解除は年間20ミリシーベルトという非常事態に限定される「世界一危険な基準」で進められております。18才未満の者が立ち入ってはいけない放射線管理区域(4万Bq/㎡ 年間被曝量1ミリシーベルト)よりも危険な場所に子どもを含めて帰すなどということは、人権及び人道の見地からも到底あってはならない施策です。

フクシマ事故の教訓を無視し原価総括方式を維持し再稼働、原発技術輸出などをすすめるのは内外から原子力独裁とみなされております。心ある国民にとり救いとなるのは、

すべての独裁を終焉せしめるという歴史の法則の存在です。

国際市民社会は核エネルギーの全方位の破壊力(地球環境、国家、組織、個人)を理解し、「世界の命運を左右する電力会社」という警告を踏まえ、遂に立ち上がりつつあります。最も恐ろしく人間の手に負えない放射能そのものを作ることを犯罪とする立法化の動きです。

今年9月バーゼルで開催されるIPPNW(核戦争防止のための国際医 師会議)主催の核代の人権、未来の世代及び犯罪」と題するシンポジウムです。

国際社会の福島に対する関心の深さを具体的に示す事例を紹介させていただきます。

去る3月25日、中国の若者に人気のあるApril Media のRao Jin記者の取材を受けまた。わざわざ中国から来訪したのは驚きでしたが、同記者は映像を編集してドキュメタリーにするとのことです。インタービューの中で2号機問題にも言及しましたが、れに深い関心を寄せ、この問題で警告している竹本修三京大名誉教授のインタービュを希望し、3月27日には急遽京都で取材するという意気込みに感銘を覚えました。

もう一つの事例としてあげたいのは、日本在住の外国人記者、ルーシー・バーミンガム、デヴィッド・マクニールの両氏が著した『STRONG IN THE RAIN』で、書名は宮沢賢治の詩にちなんだものです。バーミンガム氏は米タイム誌、マクニール氏は英エコノミスト誌などで執筆している傑出した記者です。このほど同書の邦訳が『雨ニモマケズ』(えにし書房)として出版され、3月25日に二人の記者の出席を得て出版記念会が開催されました。マクニール氏には長年発信を続けてきており、旧知の関係にあります。2人は共同で、福島県の漁師や原発の作業員、外国人被災者らの話を聞き、2012年に原著を米国で刊行し、1万部も売れたそうです。

マムニール氏はリスクを犯しながら22回も福島を訪れております。日本に対する深い愛情がなければなし得ないことです。できるだけ多くの国民が本書を通じ原発事故が生む悲劇、その罪深さに思いを致し、その再発防止に向けて声を上げることが切望されます。(別添の解説記事ご参照)。

竹本名誉教授は2号機に関し、大量のデブリが震度6度強とか震度7度の強い揺れに遭遇したことはなく、その場合には「最悪のシナリオ」も視野に入れなくてはなら、首都圏にも人が住めなくなるかもしれない。とても東京オリンピックどころの話ではなくなるだろう」と警鐘をならしております。

新しい時代の到来を必要としている世界ですが、漸くその息吹が感じられるようになりました。

皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

村田光平

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O