講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

電力各社が自発的に脱原発ができないなら、さらなる悲劇が来る。

 昨日の東電の株主総会、単なるガス抜きですか?
 大株主から委任状があるといって、総会に出席した株主からだされた動議を
 全部否定。
 これでは、一体、何のための株主総会なのか。
 今、日本国民は、311以来、完全に生き方を変えています。
 
 本来なら、事故が起きた時点で、東電そのものを、強制的に国家管理にして、
 放射能対策のタクスフォースを作って、そこがすべての権限をもって、避難指示から
 放射線除去まで進めていれば、いまごろ、収束していたのではないか。
 あれだけの凶器を、営利目的の民間企業に持たせること自体が、
 そもそも間違い。
 その営利企業に、ぶら下がるのが、学者、政治家、そしえ、官僚。
 この体質を本当に変えないと、日本に未来はないでしょう。
 さて、菅直人首相は、自民党から参議院議員の浜田和幸氏を『一本釣り』し、
 復興担当の政務官に起用しました。 
 これには、自民党は怒り心頭で、民主党内でも、自分が無能と烙印されたと不満爆発です。
 浜田氏は新日鉄を退社後、アメリカで学び、金融界にもワシントンにも多くの人脈をもって
 いますが、今回は、国民新党の亀井静香氏からの推薦だということです。
 本人は、きっと、もう政党政治の政治家の枠なんでどうでもいい、それよりも、自分は、
 現地を復興したい、ということなのでしょう。
 アメリカ側にすれば、もっとも話が通じやすい人物を菅政権に送り込んだ形ということか。
 浜田氏は東京外語の出身で中国語も堪能です。なにか特別の使命があるのかもしれない。
 
話を原発に戻しますが、
 
 私は、日本の原発に関しては、すぐにも、国民投票すべき、と考えます。
 菅総理に対しては、いろいろな思いもありますが、
 (トンチンカンの)彼でなければ、 原発を争点にした総選挙はできないでしょう。
 ただし、再生エネルギーの買取法案ですが、
 この法案ができると、このままでは、どんどん買い取った価格が、民間に電力供給する
 際の電力料金に反映して行きます。だから、単純には、賛成できない。
 私は、その前に、電力の生産(発電)、電力の輸送(送電)の全てで、
 完全自由化を認める法案が先だと考えます。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。