昨日が吉野の國栖奏。今日が「神武即位の日」。で、日米の原稿読みと放言王はフロリダに。

  「ちゃんと筋書き用意したから、仲良く楽しめ(演じろ)。」

トランプは、安倍との共同会見のとき、耳に同時通訳のイアホンもつけていなかった。つまり、最初から無視。

 どうせ、用意された原稿を読むだけだ。聞かなくもいいわい。と、正直だ。あけすけ。

そして、この安倍が来る日まで、「おまえは、今の頭のままで、どんどん暴走していいぞ」と言われていて、

それでいて、本人に実際に会う直前には、しかり「ブリィーフィング」をうけて、日本に感謝を表明。

そうそう、1週間前、マティスが来たときは、「日本の米軍に対する姿勢が、他国の模範になる」といっていた。

 動かしているのは、はたして、神の見えざる手なのか。

いや、ちがう。プロレス用語でいう「ブック」。台本、デキレース。平たい言葉で八百長。

 誰が筋書きを書いているのか、ここがポイント。 昭和さんと、マッカーサーの時以来だね。

だから、この二人の役者の一挙手一投足を、さも大げさに取り上げるのは、まさに「政治ショーの解説」を生業にしている電波芸者。 映画の宣伝マンと同じ次元のチンドン屋、お囃子屋。

 

 今、日本列島に 大雪。 相撲では、雪は、白で、白星。 雪は、醜さをすべて覆う。

雪は、空気中の放射能を落とします。中野市の我が家では、今、雪は、止んでいますが。

 作為が働いている様に感じます。

 今日から、何かが始まっているのでしょう。

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O