テレビが、訪日中国人客のマナーが改善していると・・・。

 昨日の地震以来、メディアが少し変わりだしています。

 朝のTBSの番組で、忍野八海に来ている中国人が、行儀がよくなり、池にコインを投げ入れなくなった、と。

 その背景には、中国政府の指示で、

 「日本でもめ事を起こした人間はネットで実名をさらし、以後、パスポートを発行しない」と。

 

中国は、2012年9月11日に、当時の野田首相が尖閣を国有化したあと、中国で、暴力的なデモが起きたこととの、正反対の反応ですね。

 東アジアに限らず、人間が住む地上で、経済再建、社会の不安を解消をするには、

まず、戦争や紛争、緊張を消し、 衣食住を安定化させ、安心して、生きていける環境を最優先に作ること。

そのなかでも、 まずは、 中国語でいう、「暖・飽」 ですね。

 寒さをしのいで、 おなか一杯、食べれること。

これが、すべての政治の基本。 生存に直結するからです。

 

これを、マネーの支給で行おうとするから、どんどん不正が出る。 変な議員と、せこい役人が、不正の温床。

本来、生存を保証するものは、現物支給の仕組みを、 地域社会で作るのが一番いい。

そして、社会の構成員として、誰もが一定の「役務」をする。これを、「税」でマネーを絞るというやり方だけだと、またまた、問題が出る。

こうした、生きることに、単純な基礎事項から、今と未来を考えるのが、一番いい。

しかも、 フクイチダダモレの現代では、 そこでも、何を食べさせるか、で、この国には、大問題がある。

 

何事も、 「上に政策あれば、下に対策あり。」

 対策とは、常に、自分で考えるもの。

 

それにしても、ヒラリー一派と一緒だった、日本のパワーエリートたちは

何をどうしていいのか まるで分らないのでしょう。

自分自身の身に、何が起きるのか もわからないでしょうし。

 

こんな時は常に 天地の摂理に戻ること。

日本の本当の良さ(これは、一言でいえば、思いやり=「仁」)の、体現者でいたい。

マネーを追うのではなく、 いい実態、信頼しあった関係性の構築を、最優先していたい。

政府や御用学者・御用評論家が、騒ぐときには、その裏に何があるか、 しっかりと、見極めて。

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O