お知らせ:18日名古屋皆神塾の開始前、宇宙国・中里氏の墓参、参加者確認。あと、中国GPS「北斗」の意味。

  こんにちは。2点あります。

 

1) 中里氏の墓参には、名古屋駅に、午前十時に集合ですが、

これまでの申し込みの方以外に、参加希望者がありましたら、

明日朝まで、メールください。 nunato2511arai@gmail.com

その場合、新規に車を出すことになります。

 

2) 中国版GPS「北斗」実用化拡大。

中里氏が提唱していた宇宙国ですが、そこの実現の第一歩に、日本の国家主義の安倍路線が、

完全に裏目に出ている現実を、これから目の当たりにします。

アベノミクス・黒田バズーカで、しまいには、マイナス金利になりましたが、

国内経済だけでなく、 安倍が、競っていた軍事面で、完全に中国に、後塵を喫している事実を、

今日、6PMのNHKニュースで報道していました。 

 それは、中国版のGPS〔北斗〕 のことです。

 〔北斗〕が、パキスタン・タイを含め、ほぼアジアを完全にカバーしており、2020年には全地球を対象すると。

 中国は、すでに人工衛星を宇宙空間で破壊する技術を完成させており、この〔北斗」の登場で、アメリカ製のGPSがなくても、何ら困らないため、いつでもそれを壊せる環境が整います。一方、日本の宇宙開発は、アメリカの許可の範囲内で進められているので、アメリカのGPSの周辺部分を利用しているのみで、独自の技術はありません。

 第二次安倍内閣になって、中国を敵国にして、三菱など日本版軍産複合体が、軍事施設を拡大しましたが、中国の場合は、どんどんアメリカから技術者を引き抜き、それをもとに、独自で、対抗技術を持ちました。

 尖閣などでの個別の紛争での戦術的な技術では、日本はかなり高精度なものを持っているでしょうか、宇宙での支配権は、この3年では、まるで確立していません。あくまでも、アメリカの手の中の開発です。

 それに対し、アメリカを凌ぐための開発をしていたのが、中国です。

 日本のメディアは、中国経済のバブル崩壊のみを大げさに言い立て、技術面では、新幹線の事故・穴埋めの印象のみを、国民に刷りこんできました。 習近平が、2013年6月にオバマと会った時から、米中が、軍事的な危機を起こさない、と了解しあったあとは、中国は、当然、好待遇で、アメリカの軍事関係の技術者をどんどん招き入れたことでしょう。

 そのことを、アメリカは、日本には、一切、教えない。

 今回、ロシアと中国の軍艦が、尖閣(国際法では、日本に領有権はない)の接続水域に入ったことを、日本のメディアは大騒ぎしました。この事態に、深夜に斉木事務次官が中国の程大使に電話をかけ、猛抗議したことに基づいたほ報道でしたが、

昨日は、国際的にも日本の領土として確立している口永良部島の領海に、中国船舶に入ったの対し、前回のような反応を日本の外務種はしなかった。

今、外務省は大混乱中です。 国家安全保障局の谷内が、急ぎ、国家方針を出すべく、慎重に考えている。

谷内は、外務省では、一段異なる次元で、東アジアを見ています。

 そこで、結論をいうと :  「積極的平和外交」は、実態としても、完全にできなくなった。

中国経済が必要なアメリカ、その中国が、アメリカのGPSを壊せるし、自分のGPSで運用できる。

 これでは、もはや、軍国日本の野望は、詰んでいます。

では、もう、日本の誇りになる、「希望」は何もないのでしょうか?

 一つあります。  今、日本は、外交的には、完全に、二重国家になっているのです。

今回、外交機密費を2億5千万円使い込んだ早稲田出身の杉山補佐官が、外務省のトップになり、省内は、完全にガタガタだが、それとは別次元で舵取りが始まっている。

 日本での、動き出している「新しい現実」の出発は、田母神の逮捕でしょう。 

靖国神社に拘らずに、東アジアの平和を語れる場所は、どこかにあるか? ここがポイント。

中国も、北朝鮮も、日本も、一つになれるものはあるか? これを、考えるとき、なぜ、今年、四谷迎賓館はホテルになったのか?も関連してきます。      名古屋・大阪でね。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp