「ホ」漬けの自国民殺害国家には頭脳がない。始末に向け巧妙な戦略が始まっている。

  多くは言えません。

 中国TVドラマ『三国志』の中にあった、曹操のセリフ。

  「手足を失っても、人は、生きていけるが、

   頭を失っては、人は、生きていけない。」

  今、日本国政府は、完全に この状態になっている。

  事務次官会議があったころは、新事態に、まだ調整機能があったが、安倍が官邸にお仲間を集め、その人間が自分たちのご都合主義の「妄想」にいることを、まるで客観的に見ることができないまま、戦争屋に求められカネだけをばらまき続けてきた。アメリカにある戦争屋の総司令部が弱体化し壊滅に近づく中、日本の出先と、日本版軍産複合体が困惑し、数々の失態が出ているのに、その事実を、あえて、感知しなくなっている。 

 惰性の中、バラバラに各組織が、自分の存続と、そして、個々の構成員の利益のためだけに動いている。

 「ホ」を言わなければ、 「ホ」対策(ごまかし、拡散、ガンや心筋梗塞での医療)で、つぎ込まれる高額の政府資金と、民間人のカネを、どんどん、自分のものにできる。

 これを、すでに5年、やってきた。友人・親戚・家族が死んでも、これを続ける、見苦しい「おめでたい」日本人。

 この姿勢を続けることが、人類にとって、加害者になっていることが、判らない。

  判っても、そこから、逃げるばかりで、何も変えようとしない。

 既存政党は、参議院選挙では、ここに触れようともしない。 無自覚・無責任が、際まりない。

 スーパーエリートや新世代王族は気づいています。 こんなのは、本当の日本ではない、と。

 もう、まもなく、夏至。

 そのとき、列島だけに限定した、利権国家「ニッポン」の消滅が、始まります。

 まず、メディアが変わりだす。 

 日本列島に生きる人間の魂の、より激しい醜さと、より誇らしい美しさ が出てくる。

 人は、想像と創造の能力で、神の一部でもあるが、 個体生命として、必ず死ぬ。

 神の一部であるから、未来に、向けて、何をするか、常に、冷静に、現実を見つめないといけない。

 現実こそが、足場であるからだ。

 そのうえで、 

 未来を、どうするか、ここに、大きな責任がある。

 ここを見ていない、感じていない、無視しようとする人間には、相応の報いが来る。 

 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O