講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

フクイチ「隠蔽ばかりで改善の意志なし」。「静かなる殺人国家」と認定されたら、何が起きるか?

  世界中に、放射能をばら撒き続けながら、自国の農作物を買え、と自治体に言わせる、現在の日本国政府。

 それでいて、 中央省庁の移転や、大企業の本社機能を西に移そうとする。  

 これ、海外の視点から見ると、どう映るのか?

 今のフクシマについては、隠蔽状態を放置するばかりで、全く、改善がすすまない。 

 それで、国家権力で、メディアコントロール。  

 こうさせているのは、何か? 何のためか?

 日本の統治システムはマネー追求ばかりで、自己改革プログラムがない。

 それに便乗し、強化させながら、日本列島での自分の利権の延命を図るのが、戦争屋たち。

 日本に原発輸出を迫るのも、同じ人間たちの意志で、それを、日本国民や日本の司法も変えられない。

 これが日本国の真の実態だと、人類全体の視点で見極め、そう判断したとしたら、どんな事態になるか?

 

 フクイチ問題は、日本列島だけの問題ではない。 

 

 世界の意志は、人口削減策が優先する、 だから、フクシマは、隠蔽したまま、そのまま放置しろ 

 なんてのは、・・・ これは、知能劣化が進んだ、悪魔の声です。  

 なぜなら、放射能が減らすのは、人間の人口だけではない。 全ての生命体だ。 種の破壊なのだ。

 こんなことは、「万物の霊長」の自覚を失ったものが宣う戯言にすぎない。本物のエリートの声ではない

 

 プーチンがシリアからロシア軍を引いたのは、ケリーと語らって東アジアに集中するためか? 

 本気でフクシマ処理に入る時、放射能での極限の非常事態経と、莫大な人数の巨大土木経験が不可欠。

 これは、今のアメリカには無いし、もちろん、日本にはなく、その処理手順をイメージできる視野すらない。

 チェルノブイリを石棺した経験と、三峡ダムを造り上げた経験 なくしては、工程表すら書けないでしょう。

  なぜ、今、北朝鮮の若大将が、ここに来て吠えるのか? 人類の未来を賭けた、大きな計略がありそうだ。

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 ここまで、書いたら、以下のニュースが。 「3月のメッセージ」どおり。

PS;   やっぱりと言うか、今頃、ヌケヌケと。 核燃料の取り出しの技術がないって、政府が発表。

  ・・・「一切都是 最好安排」

 

名無し:03/15 20:36 フクイチ廃炉で溶けた核燃料を取り出す技術が存在しないことが判明、米仏と連携でこれから開発。政府は…廃炉に向け2016年度から米国、フランスと技術開発で連携する  

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O