【お知らせ】『皆神塾(九州)』(10月19日開催)のDVDをキャンペーン価格で販売中です!!

1024日と25日にそれぞれ福岡と熊本で開催した『皆神塾(九州)』の内容を収録したDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

今回は、「福岡」と「熊本」それぞれの講演を1枚ずつに収録した2枚組み」DVDをいつもと同じ価格でご提供します。 

9月から10月にかけて世界では大きな変化がありました。ローマ法王と習近平中国主席の米国訪問で何が? プーチン・ロシアのシリア介入とイスラエル・CIAはどう動くのか?

日本の「聖方位」に込められたものとは? 

また、DISC1の「福岡」では、付録として15分ほどですが、新井先生のキルギス出張報告も収録されています。 「必見」のDVDです。 

全編で5時間超の長編DVDです。 

販売価格は、11月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》 

<講演内容>:  『混沌の先に。壊された「カゴメの籠」と、地球に広がるヤマト                             (福岡では、ISIS壊滅と時事を中心。熊本は、世界宗教の統合を中心)

<レジメ>: 

1)不正選挙から安保法制の成立まで。 次元が変わった。 

安倍政権の裏側で、人類の課題。

2) 隠され続けた放射性水蒸気と アベノミクスの真実。 「金融ワンワールド」は?

3) 国連総会  米中で、「南沙埋め立て」と 「サイバー戦争」協議  華僑・客家は?

4) プーチンの本気 「悪魔退治」   ISISの意味。 CIAとイスラエルの粛清・刷新。

5) バチカンの役割の消滅。 「文明の衝突」の昇華と 「十字」。浮き上がる「ミトラ」  

6) 天武の夢  皇祖神アマテラスに 閉じ込められてきたもの。 

   「鶴と亀が滑った」・・・ 「後ろの正面」とは?  

7) 「カゴメ」からでた日本人は、世界に広がる。その拠点は、ウズベクとキルギス。

   西に戻る辰王家(推背図)、  山口組分裂は、「日本(田布施システム)整理」の始まり。

販売価格は、11月末までにご購入の方は、通常価格6000円のところを、キャンjペーン価格「4000円」(瓊音倶楽部会員の方は、「2000円」)でご提供します。尚、恐縮ですが、別途送料300円を頂戴します。 

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。連絡先→TEL 03-3548-1025  FAX03-3548-1026  携帯: 090-5804-5078   E-mailakimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp   右上の「お問い合わせ」からメールでご連絡いただいても結構です。》

151024_皆神塾・九州.jpg 

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O