【ご案内】2月18日(日)は好評の新シリーズ『神と「神」の歴史』の第4回目開催です!!

 2月18日(日)は好評の新シリーズ『神と「神」の歴史』の第4回目を開催することとなりましたので、ご案内させていただきます。 

今回は、「列島」と「世界」の再構築が、行なわれようとする今、かつて同じことを考えた天武天皇と役小角の物語を掘り起こすことで、

 

現代に繋がることとしては、お金(通貨)の正体を暴きだし、そして私たちはどのように生きていったらよいか、を考えていきます。  

 

 

これぞ新井ワールドといった内容になると思います!! 

 

<今回の内容>: 

テーマ: 『「朱鳥」復活に、今、役小角が動いている。・・・思考の枠組み(虚構)は消え、AIを生かし実存「神=ミトラ」で世界は繋がっていく。神と「神」の歴史』 

皇祖神アマテラスを不比等と創り出した持統は、藤原京の完成時、天武に挽歌を送った。

以来、伊勢「内宮」には「太一」を入れず、島国だけに通じる心の枠組み(階層)を作った。

文武(軽皇子)即位のために高市皇子を粛清し、697年の即位では犬養三千代を乳母にした。

翌年、人麻呂を信濃の小菅神社に派遣し、「永久の誓い」を歌わせたが、

この意味を明治以後の日本の支配層は知らない。

この神社は680年に天武が唐の高宗と全面戦争を決意するときに、

縄文以来の女神ヌナカワに許しを請いに、密使の役小角を行かせたものだった。 

「大宝律令」編纂が始まる699年、不比等と持統は役小角を吉野・三輪山から追放したが、

完成する701年に役小角は秩父に拠点を開いた。それが天地と繋がる、秩父今宮神社。

秩父で銅鉱石が見つかったことで、平城京の建設が始められ、列島では貨幣経済が始まった。 

日本人はマネーとどう付き合うべきなのか?国家の枠ばかり残して、希望とイノチが消えていく。

これでいいのか?列島のイノチとマネーをどうする?日本の心はどこにある? 

昨年9月20日、すでに退位が決まった今上陛下は高麗神社に行幸したが、

ニギハヤヒが生まれた高社山と、役小角が開いた秩父と東京は、一直線上にある。

列島と世界の再構築は、ここからだ。 

ぜひ、皆さん、2月18日(日)は会場にお越しください。そして、大いに語り合いましょう!! 

なお、講演会終了後の懇親会では、恒例ではありますが、国内外の時事問題などについてもお話しさせて頂きますので、ぜひご参加ください。お待ちしております。 

 <開催要領>: 

開催日: 2月18日 (日): <東京で開催>  

場所:    東京都港区三田2-14-8 2F会議室   TEL:090-5804-5078 (室伏)

時間:  14時~17時  (終了後、懇親会開催予定)

地図→ 140307_地図_田町.pdf

参加費: 3500円  (瓊音倶楽部会員の方は2500円)    

     最寄り駅: JR山手線・京浜東北線 田町駅 西口徒歩5分/ 都営浅草線 三田駅 A3出口徒歩4分

         都営三田線 三田駅 A8出口徒歩4分

    (注1)会場までの道順については、次のリンクをご参照ください。→140307_地図_田町.pdf

    (注2)会場の前には道路に面して駐車場の大きなマーク「P」があります。

      そのすぐ後ろの階段を2階へ上がってください。 

(注)上記の講演会にご参加を希望される方は、会場の都合もございますので、出来れば、事前に以下の連絡先まで、ご連絡ください。

また、「懇親会」は「事前予約制」となります。講演会とともにお申し込みをお願いいたします。次の「FAX申込書」をプリントしていただきFAXでお申し込み頂いても結構です。 

『神と「神」の歴史』 → 180218_神と神の歴史_参加申込書_FAX用紙.pdf

連絡先:     株式会社K2O          室伏昭昌

             事務所:    03-3548-1025          携帯: 090-5804-5078     FAX: 03-3548-1026

             E-mail:    akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O

株式会社K2O