【お知らせ】皆神塾:「秋元神社特別イベント」のご案内(12月22日:冬至の日)・・・「天の岩戸開き」を体験しましょう!!

12月22日(土)の「冬至の日」の「秋元神社特別イベント」のご案内をさせていただきます。
ぜひ、高千穂の奥宮の秋元神社で、「天の岩戸開き」を体験しましょう!!
<概要・背景>:
九州の高千穂に、なぜ、「天の岩戸」神話があるのか? そして九州には、高千穂という地名の場所がなぜ、鹿児島と宮崎に二箇所有るのか? 
これは、どちらも、1万年以上続いた縄文人からみたときの「新しい始まり」ではなく、シュメール・ヘブライの基準でみた、日本列島の「王権」の始まりを意味しています。
鹿児島の高千穂岳は、最初にヘブライ人王族が正式に入った時のシンボルでした。では、宮崎の高千穂は何でしょう。これには、中国大陸経由の壮大なドラマが込められています。
記紀神話で、「鏡」がアマテラスの岩戸開きのシンボルになっている以上、これは、前漢武帝の時代以後の歴史事件を反映しています。記紀にある「国生み」、「国譲り」の物語は、三国時代終盤の3世紀におきた、ある事件を元に作られました。
そこから、今の「天皇(スメラミコト)」に繋がる倭の大王が生まれていますが、その倭の大王の前に、日本列島には、全てのイノチと繋がる感性を湛え、大陸で生まれた文明の利器を選別・制限しながら使っていた王権がありました。
それが、新嘗祭の前日に天皇家が行っている「ニギハヤヒ」のお弔いで示される、原始王権です。この王権は、文字や通貨を使った自然収奪型の文明を嫌い、突出した権力階層も作りませんでした。
個々人が皆、宇宙の大本、宇宙摂理と繋がっていたからです。
しかし、それでは、大王の心が描く世界に、列島の民が従わない。
こうして、封じ込められた場所があります。それが実は、宮崎の高千穂神社の奥宮である、秋元神社の地です。
この場所には、宇宙の響きが、地上でもっとも精妙に聞こえる冬至の日に、大地を照らす太陽の生命力と、私達の肉体が一体になれる瞬間が、一年一度、4分間のみ現れます。
ウシトラの方角を向いた社殿のその背後、西南の山間に嵌まるようにして太陽の光が現れ、このとき、この光を見つめる私達の身体に、宇宙の根源波も流れ込んでくるのです。この光は、「国生み」「国譲り」の時以来、完全に封じられていましたが、1998年に偶然に確認されました。
6000年に渡る人類の先達の歩みに感謝しながらも、これからの新文明の主役に成るために、この宇宙と日本列島の奇跡の現場に、再度、立ってみたいと思います。
<日程等>:
前日12月21日に熊本に集合し、冬至当日は現地の手前の集会場に10時に到着し、この地の意味と現代の時代性を学んでから、秋元神社を参拝し、その光を浴びたいと思います。
以下、その「皆神塾:秋元神社特別イベント」のご案内をさせて、頂きますが、秋元神社に至る道は大変狭く、駐車場などもないこと、また新井先生のお話をうかがう現地の施設のキャパシティーの問題から、ご参加頂ける方は20名までとさせて頂きます。ご参加を希望される方は、事前に次のK2Oまでご連絡ください。
<イベント概要>
日時: 12月22日(火) 朝7時頃  熊本市内の「ホテル法華倶楽部」前に集合して(レンタカーで)出発
11時~  「新井先生講演」
14時~  秋元神社へ出発
14時40分頃から4~5分「冬至のイベント」
※同日は、秋元神社近辺の民宿に泊まり、23日(日)は、周辺の神社(幣立神社も含む)などに参拝しながら14時頃に熊本に戻る予定です。
参加費: 4000円 
(注1)22日の「講演会参加費」と「昼食」の代金です。その他に、宿泊費、レンタカー代金などが必要となります。 
(注2)昼食は、現地のうどんと名産の山女、それに小鉢とご飯などです。3年前にも、参加者から大変好評をいただいたものです。
<補注>①熊本までの「飛行機・新幹線」や「宿泊」については各自ご手配をお願いします。
②新井先生は21日夕刻に熊本に入ります。この日の夜は19時頃から新井先生を囲んでの懇親会とさせて頂きます。場所については、参加者の方に追ってご連絡します。
22日のイベントだけ参加ということでも構いません。
③22日は、朝7時頃に「ホテル法華倶楽部」前に集合して、レンタカーで高千穂に向かいます。レンタカー代は、同乗者でシェアーさせて頂きます。
④同日は、秋元神社近辺の民宿に泊まる予定です。
イベント自体は15時30分頃には終了しますので、この日(22日)のうちに飛行機で東京などに戻ることも可能です。
⑤現地に直接行きたいという方は別途ご相談ください。
<お問い合わせ:連絡先>:

連絡先: 株式会社K2O 室伏昭昌
事務所: 03-3548-1025  携帯: 090-5804-5078   FAX: 03-3548-1026
E-mail: akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp 
    (注)右上の「お問い合わせ」からご連絡頂いてもかまいません。

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ