講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

「ダビンチ・コード」公開から10年。バチカンが完全に脱皮。日本の厩戸や八幡はどうなる?

  こんにちは。明日、大阪で皆神塾。

会場は、難波神社です。 ここの祭神は、仁徳(オオサザキ)。大阪の高津に都を造った人物です。 

その父親とされているのが、応神(ホンダワケ)ですが、宇佐神宮の祭神です。 この人物は、伝承では、福岡の宇美で生まれ、武内宿禰に連れられて瀬戸内海を東征し、宇治から敦賀に行き、さらに、木幡で、 矢河枝日売(やがわえひめ)を娶ったあと、宇治に都を造っています。

ホンダワケは実在の人物なのですが、この宇佐の「神威」が、以後の日本の天皇の権威となりました。

伊勢のアマテラスが主役になるのは、明治になってから後でした。 アマテラスは果たして実在の人物か?

応神(ホンダワケ)を八幡の神としだしたのは、欽明のときで、さらに、欽明の息子の敏達のときの574年に、聖徳太子になる、ウマヤドが橘寺で生まれたことになっているのですが、ここでは、間違いなく、イエス伝承が、大和朝廷の中で理解されています。

 さて、今朝は、イエスのことを知ろうとして、もう一度、「ダビンチ・コード」を見ていました。

2004年に公開された映画で、イエスは神ではなく、実在の人間で、その血脈がいまも続いているとする内容に、当時は、大変な物議を呼びました。(この映画の中に出てくるテンプル騎士団は、18世紀には、そのままフリーメーソンになったのです。)

また、この2004年には日本では女系天皇を認めようとする皇室典範の改正の動きがあり、日本の全神社界が反発する事態になりました。 そもそも、神武の血ってあるのか?これが、私の歴史研究の一つのテーマでした。

この2000年間、世界史を引っ張ってきたのはバチカンですが、いまでは、アルゼンチンのフランチェスコが法王になり、完全に、変わりだしています。イエズス会の悪魔たちが、どんどん、消えています。

では、2014年の日本はどうなのでしょう。

 記紀神話では、高天原の神さまの世界から、ニニギが日本列島に「天孫降臨」して、 そのひ孫に、4人兄弟がいて、その末っ子が、カムヤマトイワレビコ(神武)で、ここから、統治が始まったというのですが、 さて、その神武は実在か? その血脈が、今も、天皇家に流れているのか? こうしたことを、きちんと、話さないといけないのです。その上で、天皇をどう位置づけるか? 

 特に、大国主と、初代の神武の関係は? なぜ、古事記では、「ハツクニシラス」が二人居るのか?  

明日は、今、進行している文明転換(世界権力の変換)の話が中心ですが、こういった点にも、触れてみます。

 そのとき、イエス、アレキサンダー、始皇帝などの生涯は、きちんと、抑えておきましょう。

ネットに、「ダビンチ・コード」があがっていました。

 まだ、ご覧になっていなかった方は必ず、見てください。 すでに見た方も、バチカンの信仰がどのようにしてできたのか、を確かめるには、最適です。

 映画「ダビンチ・コード」

 http://www.dailymotion.com/video/xscv1e_%E6%B4%8B%E7%94%BB-%E3%83%80-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-2006%E5%AD%97%E5%B9%95-1-3_shortfilms

http://www.dailymotion.com/video/xscsfn_%E6%B4%8B%E7%94%BB-%E3%83%80-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-2006%E5%AD%97%E5%B9%95-2-3_shortfilms

http://www.dailymotion.com/video/xscs4d_%E6%B4%8B%E7%94%BB-%E3%83%80-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-2006%E5%AD%97%E5%B9%95-3-3_shortfilms

予告編 :  http://www.dailymotion.com/video/xscs4d_%E6%B4%8B%E7%94%BB-%E3%83%80-%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81-%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89-2006%E5%AD%97%E5%B9%95-3-3_shortfilms

 

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。