トランプが電話で「一つの中国」維持を習に表明。日本は、イノチの箍が外れた病魔国家が加速。

 トランプは、マネー崇拝の果ては人類は第三次大戦に進みかねないので、主導するダイナモを変えるために登場した。

 簡単に言うと、金融ワンワールドを進める王族会議が、戦争屋CIAを押さえ込んだ。だから、中国とアメリカの緊張はあり得ない。トランプの娘が春節のお祝いに、自身の娘をつれて、アメリカの中国大使館に挨拶に行っていた。

私は、今年の陛下の御製(歌会始の歌)を、東アジアの悲劇の元を絶て、というメッセージに読みました。

 しかし、ほとんどのメディアは、表面のみ。オバマ時代からの惰性でそのままトランプを論評するのみ。

で、今日はまず最初に、①トランプと習の電話協議の記事。

そして、その下に、②このクニの惨状をツイッターから拾いました。もう、日本は、法があっても、権力側が、恣意的運用する、無規範国家に成りさがって、それでもしらばっくれる、勝手放題国家。つぶされていく、無知・不勉強な個人が気の毒です。 

 きちんと、健康なまま、何人生き残れるのでしょう。

 自分の華を咲かす。まず、自分自身を守り、どこに、どう、未来の種をまいたらいいか、じっくり選ぶ。6年前と、全然違う生命環境にあることをまず自覚。 

 ホンモノの自然、汚染の少ないイノチ溢れる環境に、判っている人は動き出している。 今、郡上八幡には、アパートもないほど、移住希望者が増えているとのこと。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ①トランプ大統領

「一つの中国尊重」…習氏と電話協議

 

 

トランプ米大統領(左)と中国の習近平国家主席(右)=AP

【ワシントン大前仁、北京・石原聖】

トランプ米大統領は米東部時間の9日、中国の習近平国家主席と電話協議し、米国の歴代政権が踏襲してきた「一つの中国」政策を維持する考えを表明した。トランプ政権が1月20日に発足して以降、両首脳が電話協議するのは初めて。トランプ氏は就任前の昨年12月に、前例を破って台湾の蔡英文総統と電話協議し、就任後も「一つの中国」政策の見直しを示唆したことから、中国が強く反発していた。トランプ氏は電話協議で中国との本格対話に乗り出した格好だ。

 ②このクニの今

無脳症にしろ、多指症にしろ、子どもを守れないこの国は随分前に終わってたんだと思う。お金が大好きな人達だけじゃないよ、普通の人達も。「被曝したって仕方ない」って、想像力が無さすぎる。その守る気の無さにゾッとする。
 
発言は議事録から削除しちゃうからね   日本人は平和民族だから怒らない、立ち上がらない、まとまらない。の三竦みで平和満喫するんでしょ? バス停に突っ込んだり  若い人死なせたり   本当に平和なんだね? ふーん

これ、複合的にヤバいんですよ。 ・公文書が勝手に破棄される。 ・破棄したのが軍人。 ・それを咎めるべき文民がそもそも公文書を見てない。 ・その文民が軍人の報告にある文言を改変して国会で答弁。 イデオロギーではなく、普通に、法的に、手続き的にアウトなんですよ。大拡散で。

Masayuki Kusakabeさんが追加

Masayuki Kusakabe @pfd1212     これ、普通に内閣総辞職級の大スキャンダルなんですが。 ⚡️ "南スーダンPKO派遣 「日報」廃棄問題" 作成者:

ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ