講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

児玉龍彦が最新見解:早急に遺伝子検査を行い、福島の子供たちを避難させてください!

児玉龍彦と田中康夫の対談。

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/09/a-fukushima-teenager-found-to-have-lung.html?spref=tw

Dr. Tatsuhiko Kodama, Tokyo University Radioisotope Center

IMPORTANT!! 重要

「遺伝子研究なら正確。チェルノブイリ汚染地帯の甲状腺がんでは7q11染色体が3つになる。他の甲状腺がんでは起こらない」(11分くらい!)

"Meanwhile, gene studies are accurate. Among thyroid cancer patients in Chernobyl contaminated areas, their chromosome 7q11 become three pieces, which cannot be observed among other types of thyroid cancer patients." (11 minute)

「疫学や統計学は被害者が出てしまった後のもので、子供妊婦を守るのに間に合わない。」(13分)

"Epidemiology and statistics research results come only after people got victimized by radiation. In order to protect children and pregnant women, we cannot wait for epidemiological research results." (13 minute)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以下は、上記の対談を踏まえての、このブログ主の意見です。

福島の子供たちの移住は、最重要緊急課題です。
The evacuation of Fukushima children is the most pressing issue.

私には、国連を始め、なぜ世界が動いてくれないのか、全く理解できません。
(それどころか、国連は、福島における被曝で健康に被害はなかったという報告書を準備していると聞きました。)

I really do not understand why the world organizations such as UN, etc are not making any move.
(On the contrary, I heard that the UN is now preparing a report to convince the public that there have been no health damages due to Fukushima radiation!)

福島の甲状腺がんの子でリンパに既に転移している子が多く出ているそうです。ちなみに甲状腺がんはまだ小さいそうです。

Today, on twitter, I just heard that many kids who went through surgery in Fukushima were found to have not only thyroid cancer but also metastasis in his/her lymphs though their thyroid cancer size were reported to be small.

*先ほど、肺に転移という情報が流れましたが、情報ソースの方に確かめたところ、肺に転移はまだ可能性であり、リンパ転移だそうです。リンパ転移は、私の知人曰く、知っているだけで2人出ているという情報です。
There had been some information that there was metastasis in the child’s lung, but actually, it was metastasis in his/her lymph. As a matter of fact, as far as my acquaintace knows, there are two children who already got metastasis in their lymphs.

一刻も早く子供たちを汚染地域から避難が求められます。

It is a matter of urgency to evacuate children from contaminated areas as soon as possible.

また、県立福島高校では、事故のあった年に2人の突然死が出ました。(TVユー福島-TUFというローカルな放送局の報道局長の大森真氏が、騒ぎを鎮静化するため、なんとツイッターで一人は交通事故死であったという嘘をばらまきました。TUFは大森氏の虚偽の発信を認めたものの、謝罪はしていません。)

In Fukushima Prefectural High School, two students died of illnesses (one was sudden death) in the year of the accident. (However, TUF-TV You Fukushima, local TV station’s broadcasting chief Mr. Makoto Omori, tweeted a lie saying that the second student died due to traffic accident to calm down the case. TUF admitted that Mr. Omori lied on the twitter but never apologized for it.)

この8月の発表では、全校生徒数959人のこの高校に2人の甲状腺がんが見つかったそうです。

In this August, two students were found to have thyroid cancer out of total number of 959 students in the same school!

もうすでに、この8月には福島県の子供たちに43人もの甲状腺がんと疑いが出ています。まだ2次検査が済んでない子供たちの割合から計算すると、この数は100名を超すはずで、もともと100万人に1人から、数十万人に1人と言われる甲状腺がんが、1万人にすでに3.7人の割合で出ているのです。
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

Already, there have been 43 thyroid cancer and suspected cases among Fukushima kids in this August. However, considering that the large number of kids have not gone through the second exam, the number could be over 100, which is 3.7 thyroid cancer out of 10,000 although child thyroid cancer rate is usually between one in one million or several hundred thousands.
http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html

この期に及んで、福島医科大学やその他の政府自治体の団体組織は、もっと疫学調査をしていかなければわからないと、汚染地帯に子供たちをとどめ、日々、汚染された空気を吸わせて平気でいるのです!!!

However, Fukushima Medical University and other governmental or municipality related organizations are saying they have to wait for further epidemiological data while letting children breathe in contaminated air!!!

私は一人の幼児を持つ母親ですが、これは母親の感覚からすれば、ありえない話です。

I am a mother of an infant and this is quite unbelievable thing from an eye of an ordinary mother!

既に初期被曝をしていて甲状腺がんもその他の健康被害も出てしまった後ですが(安倍首相がオリンピックの招致の演説で話した、「健康被害は昔も今も将来もない」というのは、事実ではありません)、さらなる被曝を少しでも防ぐために、汚染地帯の子供は非汚染地帯に移住させるべきです。

In order to prevent further exposure to radiation, children in contaminated areas should be relocated first though they have already been exposed to initial dose and thyroid abnormality rate has been increased. (Prime Minister Abe’s statement in front of IOC members, "There have been and will be no health damages," is NOT TRUE.)

同時に、今拡大しつつある福島の子供たちの甲状腺がんが、放射線によるものであるかどうかを直ちに見極めるため、遺伝子
査を実施、結果を即公表する必要があります!

At the same time, we need to clarify whether the Fukushima kids cancer had been caused by radiation or not THROUGH GENE TESTS!

実際に東京大学のアイソトープ総合センター所長の児玉龍彦教授もつぎのように言っています。

As a matter of fact, the director of Tokyo University Radioisotope Center, Mr. Tatsuhiko Kodama said the following.

「疫学や統計学は被害者が出てしまった後のもので、子供妊婦を守るのに間に合わない。」

"Epidemiology and statistics research results come only after people got victimized by radiation. In order to protect children and pregnant women, we cannot wait for epidemiological research results."

「遺伝子研究なら正確。汚染地帯の甲状腺がんでは7q11染色体が3つになる。他の甲状腺がんでは出ない」

"Meanwhile, gene studies are accurate. Among thyroid cancer patients in contaminated areas, their chromosome 7q11 become three pieces, which cannot be observed among other types of thyroid cancer patients."

www.dailymotion.com/video/xkmwzt_%

 

 
ですから、子供と妊婦を守るためには、まず彼らの移住と(遅きに失しているものの)、遺伝子調査が急務ですが、なんと、日本政府はあまりニュースにはなっていませんが、行っているらしいのです!!
 
THEREFORE, WE NEED 2 MEASURES, ONE IS THE RELOCATION OF CHILDREN (THOUGH IT IS RATHER LATE) AND THE OTHER THE IS THE GENE TEST ON CHILDREN.
 
HOWEVER, RECENTLY I FOUND OUT THAT THE GENE TESTS HAVE BEEN CONDUCTED SECRETLY SINCE THIS YEAR.
 
というのも、細野豪志環境相が、2013年から「全ゲノム解析」を行うと昨年発表していたのです! http://fukushimavoice.blogspot.jp/2012/09/blog-post.html
 
Last year, the former Environment Minister Goshi Hosono announced that Total Genome Analysis would be started since 2013.

本当に、一人の日本人として、また一人の母親として、許せない話ですが、既に福島の子供たちに対し、本格的にもう遺伝子実験されているのです!
 
As a mother, I really cannot forgive this reality, but FUKUSHIMA CHILDREN HAVE BEEN UNDER GENOME RESEARCH ALREADY!!!
 
想えば、福島事故から2年後の2013年3月11日に、山下俊一氏は、米国での発表で、チェルノブイリでの研究から、FOXE1という遺伝子がチェルノブイリでは明らかに異変が生じていたのがわかったと発表しました。福島ではなぜ染色体検査をしないのでしょうか?(22ページと24ページ)www.ncrponline.org/Annual_Mtgs/20

 

 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/blog-post_8310.html
 

 
 

 
 
 
 
 

http://savekidsjapan.blogspot.jp/2013/01/japan-victim-and-perpetrator.html
 
 
 
 
 
 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。