講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

スノーデンがロシアに正式亡命。「ディスクロージャー」が加速する。

 以下のAFP=時事 にありますように、スノーデンが正式にロシアに亡命しました。これでロシアは、アメリカのCIAのコンピュータに容易にアクセスし、一体誰が、どんな指示を出していたか、判明します。

 それは、そのまま、BISの裏にいる「王族会議」に流れます。

夏休みは、真実告白委員会では、多くの懺悔があるのではないでしょうか。

これまでの闇の業務の命令系統が完全に崩れて、下部の工作員たちは、約束されたマネーが払われず、さらに、密告の果に、同士討ちをするハメにも発展するのではないでしょうか。

 日本の原発マフィア、さらに、今回の不正選挙を実施したもの、さらに、それを正そうとした正義感の強い日本人に対し、「処分」をいったものとその実行犯。 これらは、全部、特定できるでしょう。

 8月に入って、そうした事態に急速に突入していきます。

政治的な紛争を引き起こすマッチポンプをわざと仕掛けてきた人間も特定されます。

私たちは、自律・自立の道を進もう。 

 誰からも愛される「自分の世界」を創り、自分の喜びを形にして、出会う人に届けることで、生業も作っていこう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【8月2日 AFP=時事】米当局の市民監視プログラムを暴露し訴追された米中央情報局(CIA)元職員、エドワード・スノーデン(Edward Snowden)容疑者(30)に対し、ロシアは1日、一時的な亡命許可を与えた。これにより同元職員は、5週間以上足止めされてきたモスクワ(Moscow)の空港を離れてロシアに入国した。

 

 同元職員のロシア人弁護士アナトリー・クチェレナ(Anatoly Kucherena)氏はAFPの取材に対し、「スノーデン元職員はシェレメチェボ(Sheremetyevo)空港を出た。ロシアで1年間有効の一時亡命許可証を受け取ったばかりだ」と語った。同空港の広報担当者も、同元職員が同空港を午後2時(日本時間同日午後7時)過ぎに立ち去ったことを確認した。

 

 同元職員を支援している内部告発サイト「ウィキリークス(WikiLeaks)」が発表した声明の中で、同元職員は一時亡命許可証を発行したロシアへの謝意を伝えた一方で、米国のバラク・オバマ(Barack Obama)政権に対しては国際・国内法のいずれも「全く尊重していない」ことを批判、「しかし最後には法が勝利しつつある」と述べた。

 

■元職員は「ある安全な場所」に

 

 クチェレナ弁護士は、スノーデン元職員の今後の居住地については保安上の見地から非公開とされることを明らかにし、同元職員は現在「安全な場所」にいると付け加えた。

 

 ロシアのテレビ局Rossiya 24のインタビューを受けた同弁護士は、同元職員の一時亡命許可証をスキャンした複写を掲げて見せた。そこには7月31日発行、有効期限2014年7月31日と明記されており、同元職員の指紋も登録されている。

 

■米国は「極めて遺憾」

 

 これを受けて米ホワイトハウス(White House)のジェイ・カーニー(Jay Carney)大統領報道官は報道陣に対し「極めて遺憾」と述べ、9月にサンクトペテルブルク(Saint Petersburg)で開催される主要20か国・地域(G20)首脳会議に先立ってモスクワでの開催が予定されているオバマ米大統領とロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領との首脳会談を中止する可能性も示唆した。

 

 これに対しプーチン大統領の外交政策顧問であるユーリ・ウシャコフ(Yuri Ushakov)大統領補佐官は、この問題が米露関係に影響を与えるべきではないと述べ、懸念される外交関係上の損害を抑制しようとする姿勢を直ちに示した。プーチン大統領自身は、これまでのところコメントしていない。(c)AFP=時事/AFPBB News

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。