プーチンに会っても収穫ゼロ。権威を気取った戦後日本の主流言論は全てウソ。こんな時は非主流オカルト言論を編纂し続けた、守屋汎氏に真実を訊こう。

こんにちは。
1)やっぱり アベシンゾウ ・・・ウソツキ・カラブリ・すべてダイナシ。
 ロシアでのプーチンとの直接協議。何も成果出ず、NHKもなにも触れない。
 北方領土は「二島返還」で決着。
 そして「ロシアとの平和条約…これは私の使命だ」といっていた、晋三クン。
全然ダメでした。
アメリカの国務省に戦争屋ヒラリーがいるうちは、プーチンは、安倍晋三とは、上手に付き合ってきましたが、
アメリカがトランプになって戦争屋退治に動き出すと、もう、真実を話そうよ、ということになり、
 日本に対して全く遠慮せずに、(ラブロフ外相が)そもそも4島はソ連が戦争で勝ち取った正規の領土といいだした。
(言外に)「北方領土」も「固有の領土」というのは、そっちの勝手な寝言。
土台、1956年の日ソ合意を反故にしたのは、日本側だから、その時以上の「実入り」がロシア側にあるのは、当然のこと、と。
 安倍は、日ロ協定の「果実」を急いでいるが、ロシア側は何も急がない。急がない方が、ロシアにとって、大きな「果実」を得ることができる。
プーチンは、「ただし、4島に経済支援したいのなら、ロシアは大歓迎。分っていると思うけど、日米安保があるから、そこが少しでも日本領になったら、米軍基地がおかれる恐れがあるけど、これだけはゴメンだ。ここのところを確約しないと、さらなる経済協力でも、二島返還も応じられない。」
 まあ、当たり前ですな。
2)それにしても、なんで、こんなに、自分だけの勝手な都合(思い込み)だけで、
日本国政府は、対外交渉に臨んでいるのか?
答え:
日本語の言論空間と、日本統治体の権力者の国際社会の理解が、
完全に、世界の現場の実態と遊離しているため。
遊離させているのは、
①明治以来の天皇中心にできた、国家とその利権システムが、
 アメリカの世界戦略で、そのまま生かされたこと。それがお花畑。
 ここには、国家利権を言う「右」にも、普遍的価値を「左」にも、
 列島の統治体を「宝の山」とみる半島出身者が、朝鮮併合1910年以後、どんどん入り込んで、
 勉強のできる人間は、行政と知識人に、そして、
 度胸があって権力志向の人間は、アメリカ支配下での国家暴力の現場の人間になって、
 両者とも真実よりも何よりも、日本列島の利権や毒饅頭を欲しがって、
 日本社会が世界現実から浮き上がって特殊な言論空間になってしまったこと。
②日本の言論界の中での権威は、自分で勝手に「神聖さ」を決めつけ、普遍的価値を、森羅万象から探す知的努力をするよりも、まず、マネー取得を目指した。
それ以前に、日本国民自身が、明治の「神聖不可侵の天皇」からの恩寵という形で、言論の自由も国家の予算も得ているので、
どの分野でも一たび権威ができると、そこでの常識が業界の利権と結びついているので、
 すべてが「完全に長いものに巻かれろ」となって、自分の意見を言い合えない。
 これをいったら「お上」からご褒美がもらえる、という人間が右にも左にもいた。真実はどうでもよく、まず、この日本語を話す、日本列島にある、統治体から、いかにマネーをとるか、それだけのことだった。
これが今でも、財界でも続いている。
 間違っても、失敗しても、自分の責任は全然取らないし。
3)で、それに対し、中国はどうか。
 中国語言論の統治体は三つに分かれ(北京、台北、華僑)、
夫々の統治体の歴史観や、政権毎の価値基準についても、相対化していた。
その中で、生きるための価値やマネーについては、視野はつねに全世界に開かれてた。
 だから、いつの時代でも、個々人(頭がいい人)は統治体(皇帝の支配領域)に関係なく真実・真相を自分で探し、
時々の政権の権威や権力を、自らの生活を高め・護る手段にしたり、逆に、その国家暴力が自分の生活や富を棄損するときには、そこから逃げる準備をしていた。
 国家に対し、つねに個々人は対等で、国家の主張とは別に、自分の意見を持つのが、大人だった。 
自分を守るのは、自分でしかないという、ハッキリした自覚と覚悟があった。
では、日本はどうか?
 空気に流される。
 「えぇ~っ みんな、こうしていますよ」 といわれると、
 しっかり考えもせず、すぐ従う。
 自分で考えるときも、すぐに回答を求め、学校の先生や役場の役人に聞く。
 その先生や、役場の役人は、何を以ってそういうのか、までは考えない。
 「お上」がこう言っている。
 
 おいおい、「お上」が間違っている(だましている)可能性を考えないのか?
 「お上」の情報源はどこなのだ? 何を基準に「お上」はそういっているのか?
 そもそも、「お上」自体に正当性や正統性があるのか?
 ウソを言っていないのか? 隠し事はしてないのか?
 常識や「お上」の言うことに従えば、それなりに、日本社会は回るが、真実はどこにある?
 普段から、その真実を探そうとする姿勢がないと、もし「お上」や常識が、ウソの積み重ねで、それが壊れた時には、何の対処もできなくなる。
 これは、この前の戦争、大本営発表で体験したはずではないか?
4)世界は、完全に変わったぞ。さあ、どうする日本人?
 実は2019年の日本列島、日本語言論は、完全にその「お上、大崩壊」の事態に入ってしまった。
 今回のロシアとの協議の失敗、東京五輪招致でJOCの贈賄事件の世界的な告発、厚生省の統計インチキなど、完全にその次元になっているということ。
 特に、今、通貨面で、大変革が出ているということ。
 戦後世界の基軸通貨米ドルの信認性が全く失われている中、それでも、世界各国が、まだ、外貨準備として米ドルを求めるのは、
 それが、石油を実際に買える通貨である、というだけでなく、
 これが、いろいろあるマネーの交換での、基準通貨として盤石だったためだ。
 世界中の通貨に関し、各国間でそれぞれのマネーで、その相手国に送金をするとき、一旦、全ての通貨を米ドルに換えて、そして、また、個々の送金先の通貨に変える仕組みが成り立っていた。
 それを、「SWFTスイフト」と言って、銀行間での決済機能となっていた。ここで米ドルが基準通貨として使われることで、FRB=IMF/世界銀行グループが、その権限=金融支配力を握っていた。
 自分たちに逆らったら、送金そのものまでできないから、海外からいかなる、実物の富も得ることができないぞ、と。
(そうして、国家経済が破壊されたのが、産油国のベネゼエラだった)。
 しかし、今、このスイフト機能を無視してでも、各国間で、通貨の決済送金ができるようになった。
 その嚆矢(最初の試み)となったのが、中国のアリペイのフィリピンでの普及だ。
 このことの意味を、いまだに、日本の言論界は誰も伝えない。
これは、日本語の言論(テレビに出る知識人や業界での発言)が、いまだに、
世界全体を観ずに、明治の国家システムを取り込んだアメリカ発の情報空間にあるままだからだ。
これは、4島を日本の「固有の領土」だと言わせてきたのと同じ勢力が、
まだ、日本でメディアの支配権を握り、日本人の意識構造「マトリックス」を形成しているのだ。
米中関税戦争と南シナ海にばかりに目が言って、
昨年12月からの、スイフト外しを中国が行っていたことの人類史的意味に、
全く気づかない。
いいですか、これは、金本位でも、石油本位でもなく、
通貨が、ブロックチェーンを使った管理技術によって、新たに、
管理本位制になった、という、歴史的事件です。
 ビル・ゲイツが「仮想通貨を買うやつは、全てを失うことになるぞ」と忠告していましたが、
仮想通貨は、現実世界の実態(実物の世界)から、(人間社会で人を動かす)エネルギーをわざと切り離し、
実態の富とは何も結びつかない通貨です。子供銀行のオカネみたいなもの。
 これが人気になったのは、決済通貨としてのドルの価値が崩壊するのではないか、という恐怖と、その仮想通貨でも目先の相場が上がるという、一時的な数字上での、期待値での人気だったのです。
しかし、仮想通貨は「仮想」であって、元々、現実世界のまともなマネーではない。
マネーは人間社会で、人間を動かす「ポテンシャル」や、動かした「成果」の、「モノサシ、交換手段、蓄積」の集積です。
 それに対し、仮想通貨は、そもそも「人を動かす」ポテンシャルや「労働」の成果とはまったく関係なく、
 まともな「汗」がもたらす、価値の蓄積ではない。この違いは、とてもつもなく大きい。
戦後世界の基軸通貨になった「米ドル」の、21世紀の(流通)実態と、それに対する対処を、
中国の通貨当局は、この30年間、表向きの<北京VS台北の対立>とは別次元で、
ブルネイ・シンガポールの華僑、さらに、台湾と在米華人も交えて、 
 このスイフト外し、を検討していたのです。
「悪魔の取りつく暇を、作らない」。 
それに対し、日本は2001年の「911」以後も、さらに2011年の「311」以後も、これまで通り、FRBに取り憑いた悪魔に支配され続けた。
それが、戦争屋であり、満州亡霊であり、安倍晋三によって露骨になった、これまでの利権や役職役得を求める、腐食した爛れた「忖度」知性であり、
実際を無視して、文書や統計を書き換える、役人の精神性だった。
 もう終わっているぞ、この国。
5)守屋汎を、知っているか?  
まあ、こんな事態(統治体と言語空間)になってしまった日本列島ですが、
この40年間、少しでも、何ごとであれ、真相真実に近づこうとして、勇気ある言論活動をしてきた編集者に、元徳間書店の守屋汎(もりやひろし)氏がいます。
有機栽培、オカルト、宇宙人、ユダヤ陰謀、天皇論、イルミナティー、爬虫類人など、
その活動は多岐にわたってきましたが、何といっても、守屋氏は、
  太田龍 氏を、陰で支えた人物でした。
10年ほど前、アルコールの摂りすぎが原因で大病されましたが、その頭脳はいまだ健在です。
 その守屋氏の講演会が、明日午後6時から、大井町で開かれます。
「ディスクロージャー」が世界的に始まった21世紀の今を知る上でも、
また、昭和の終わりからのこの40年間の、日本社会での言論空間の実情を知る上でも、
 守屋氏の証言を聞いておくのは、極めて大切です。ぜひ、ご参集を。
QTE
お知らせ
元徳間書店の編集者が「超知ライブラリー」と
昭和オカルトの魔力を語るイベント開催!
2019年1月26日(土) 講演開始18時30分~ 開場18時10分~
会場 品川区立総合区民会館 きゅりあん(大井町駅徒歩1分)5階 第4講習室

参加費 2000円
講演タイトル
 あの頃「謎・神秘・不思議」は煌めいていた!
――「超知ライブラリー」と妖しき昭和オカルトの魔力を縦横に語る。
 そして、平成最後の春暁、炸裂する破邪顕正のオカルト爆弾!
講演者:守屋汎(もりや・ひろし)
申し込みは  psi@skagaku.com に、参加希望と書いてお送りください。
その際、講演者に聞きたいことがあれば書き添えていただけるとうれしいです。講演の際、参考にいたします。
[追記]
守屋さんと打ち合わせしました。守屋さんの話も踏まえて徳間書店の出版物を確認すると、彼が主に手掛けたのはトクマブックスのようです。超知ライブラリーは石井さん(現・ヒカルランド社長)が立ち上げ、守屋さんが手伝ったそうです。
 したがって講演は「守屋さんがオカルトに興味を持ったきっかけ」「トクマブックス秘話」「ゴッドマガジン裏話」「超知ライブラリー」「徳間退社~フリーになってから」「太田龍氏」という順で話してもらおうと思っています。守屋さんがその通り話してくれるかわかりませんが。(担当・高橋)
 超常現象情報研究センターは、一般社団法人潜在科学研究所の通称です。
 各種お問い合わせは
psi@skagaku.comまで
UNQTE

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明点なてんがございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。