講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

帰国しました。

今回の四川(成都・閬中)訪問で、

 シュメールから、東アジアへの文明化の流れが分かりました。

四川は内陸ですが、黄河の源流に近い天水(宝鶏)からは、 秦嶺山脈の西を水源にして南に流れる嘉陵江を下ると、入り込むことが出来ます。

これが、長江の本流になって行きます。

長江文明では、6000年前から4000年前まで、下流で、良渚文化が大繁栄しました。

 これは、稲作の文化です。

これが、4000年前の大洪水で滅亡し、そのあと、四川盆地で興きたのが、三星堆文化でした。

今回は、この三星堆をまず最初にみてから、閬中に向いました。

 良渚文化や殷(商)を吸収した後、 この地方では、周代には、銅銭に関し、独特の文化を生んでいます。

この長江文明は、稲作文明でしたが、はたして、そこに、文字があったのかどうか? 

京都の日文研の人たちは文字を探しているようですが、 日本との対比を考える時、さて、それは、どうかな?

そして、良渚文化が始まった時、北方(遼寧省西部)では紅山文化が始まっており、中国政府は、ここが「龍の起源」としていますが、そこで出た、土偶のビーナス像には、ヒスイが埋め込まれていました。

さて、そのヒスイは、どこから来たのでしょう。 これも問題です。

世界が一つになる物語が、今、浮かび上がってきます。

PS: ここで、訂正です。

 閬中は街として、世界遺産に登録を目指していますが、四川省内に多くの名所があるため、中国国内での登録申請順位があとになり、まだ、世界遺産ではありません。今回、見ての印象ですが、単なる景観だけではなく、歴史的役割が再確認されれば、間違いなく、それに値すると思います。 特に、今に繋がる農暦の発明者の落下コウがこの街で生まれた意義はとても大きい。 私は再現された故居で、管理者との話に夢中になりました。

 また伝説上とはいえフッキがここで生まれ、世界で初めて養蚕を始めた事も、中国文明を語る上で欠かせません。 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。