今の東京は、満州国の最期の様。逃げ出す高級官僚や大企業幹部家族は、まるで関東軍。

 異様な天気。(後追い記載・・・どうも、フクシマで異常事態がおきているとの情報も)

 平常運転と言いながら、首都圏の列車は、現実には「遅延」ばかり。

詳しく、聞いてみると、

 霞が関にも、異変が。

どんどんやめだしている。 おかしな人事に、「もう付き合ってられない」と。

なんか、戦前の満州国の最期みたい。

映画「ラストエンペラー」では、満州国の最期は、坂本龍一扮する甘粕大尉の自殺だったが、

今、これに当たる人物は、いないだろうか?  

全ては、明治から始まった、おかしな天皇論に、引きずられた結果。 神武が、BC660年に、奈良の橿原で即位した実在の人間(4人兄弟の末っ子)で、 その4代前は、神々の世界「高天原」から天下ったニニギで、天皇家は、その子孫、ということになっている。

 神々の世界である高天原では、平和に稲作・機織りをしていたが、スサノオが馬の皮をはいで宮殿に投げ入れて壊すなど、大暴れ。これに怒った姉の「アマテラス」が岩戸に隠れたが、それを、オモイカネの知恵で、「鏡」を使って、「アマテラス」を岩戸から誘き出して、高天原では、再び平和な時代が始まったと。その時の、岩戸の扉は、タチカラオが、宮崎の高千穂から投げ飛ばして、信濃の戸隠山に落ちた、という。 高天原で暴れて追放されたスサノオは、地上世界の日本列島に流されて、そこで、ヤマタノオロチを退治し、その体内から、天叢雲(草薙剣)を取り出し、これが、国家を創りだす「神剣」になったが、九州の熊襲タケルから「ヤマトタケル」の名前をもらった、小碓が、この「神剣」をもって東国制定にでても、信濃では効果がなく、伊吹山に行く時には忘れて、イノシシの山神の毒気に中って、膝が三段に折れて死んでしまった。

 この「神剣」が、熱田に保管されていたが、それが、天智即位の668年に盗まれ、天武の臨終の686年(アケミトリ)にまた熱田に戻った。

 この不比等が創りだした物語を、近代国家になったにも関わらず、絶対の真実として、国民に強制的に教え込み、天皇の権威にして、政府(官僚たちの政策)の無謬性の根拠にした。その中心が東京で、アジアの中で唯一近代化に成功したと、自らを誇り、朝鮮併合後、中国大陸の満州を占領し、さらに、ドイツと組んで、世界を相手の戦争を仕掛けた。それに敗れると、戦後は、天皇の戦争責任を問わない代わりにこの権威をそのまま残し、アメリカの戦争屋の手の中で、マネーだけを求める、工業化一直線の国家になってしまった。

 この体制が、まだ変えられない。 しかも、原発を54基も造ってしまった。 いま、フクシマは、どうなっているの?大雨の中、トンデモナイものが出ていたとの説も。

今年の3月からメルトスルーした核燃料が原因で放射性水蒸気が出ています。日本列島は、どこも、放射能だらけ。

官僚とても生身の人間です。 手元に、億単位の資金が貯まれば、もう、逃げ出したくなる。 

どうも、こうした事態が現実に始まったようです。それも、経産・厚生だけでなく、外務や公安・防衛でもです。

明治に出来た統治体の国家権力を握るトップが、まるで現実を見ないで、取り巻きにおだてられて、自分で「勝っている、うまく行っている」と思っている間に、現実は、どんどん壊れ、人が死に出している。

弱った人間は、自宅にいて動けない。外に出れない。それがそのまま死ぬと、孤独死あつかいになる。 列車では、自殺や急病人がでても、それを、報道させない。

裸の王様なんてもんじゃない。

どんな結末になるか?  

COP21に合わせ、パリ市内に貼りだされたポスターの意味を、安倍とその腰巾着は、きちんと知らないのでしょう。 でも、わかった人間は逃げ出す。  とりあえず、関西。 今、関西が、熱い。 

私は、 明日、平河町。

そして、 冬至には、 高千穂の奥宮の秋元神社。

来年1月には、中国大陸のどまんなか=中原 に、行きます。 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp