講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

日本は原発稼動停止なのに、中国では今後102基を新設するという。

中国のエネルギー問題は、 他人事ではなくなりました。

2003年からの原油価格の高騰は、中国による国際市場参入が原因でした。 これが、バイオエタノール開発とあいまって、穀物市場にも及びました。

今、中国では、原発を新規に102基、建設する計画です。

 http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120518/mcb1205180501009-n1.htm

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120518/mcb1205180501009-n2.htm

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120518/mcb1205180501009-n3.htm

これを、事前に止めるには、より効率のいい代替エネルギー技術の確立と、なにより、 省エネルギーで、快適で幸福な暮らしのモデルを作るしかありません。 今の中国は、日本の明治維新と戦後の高度成長を、一気に進めてきたのです。環境は壊れまくっています。私たちの直線的な経済発展モデルを参考にして、彼らは、無理やり、過激な権力市場経済に突き進んだのです。 

私たち日本は本当に大きな過ちを犯しました。 これをすぐに改めて、近隣諸国に新しい「範」を示さないといけません。 中国での原発事故は、東シナ海を汚染し、私たち日本人を、さらに深刻な事態に陥らせるからです。

 ところで、中国大陸に文明をもたらしたのは、伏羲(フッキ)と女媧(ジョカ)です。の二神は大洪水4000年前?)の後に2人だけ生き残り人類の始祖の代表となったとされ、神格化されています。両者は人頭蛇身で、足が蛇となって絡まっており、これはDNAの二十螺旋を連想させます。伏義は「矩(く)…直角定規」を、女媧は「規(き)…コンパス」を夫々手に持っています。 

     山東嘉祥武氏祠左石室畫像石(拓片)に描かれた「伏羲、女媧」

    图片点击可在新窗口打开查看

 私が今、中国大陸で最も注目する土地は、四川省の閬中(ろうちゅう)ですが、現地の紹介ビデオには、この伏羲と女媧が、ここで生まれたことになっています。http://www.56.com/u38/v_MjMzMDIxNjM.html

4000年前、シュメールが終わった時に、中国大陸に西側から、計測や建築の技術を持つものが入り込み、彼らが閬中に定着した可能性もあります。

地球の人類社会で、現在、世界最大の人口を抱える国を、どう活かすか、これは人類全体の問題です。中国のあとには、インドが続きます。私たちは、そのときに、人類全体に、未来に繋がる生き方の 模範を提示できる様に、まず、この日本列島に、日本人による、新しい統治システムを作り出さねばなりません。

そのとき、第一義として思考の土台にすべきは、「イノチ」と「真実」です。 さらにそこでは、「マネー」は人を動かすエネルギーではあっても、これは本来、虚の存在である ことを見極めなくてはなりません。ここが分かる人間にしか、この世での万人の幸福は生み出せないでしょう。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。