講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

明日の皆神塾でも指摘しますが・・・。<激変の予感>

 ネットの中には、いろいろな情報があります。

つい先日、11月11日が節目だ、 というものがあり、 それは確かに、

ドジョウのTPP交渉参加表明や、小和田恒さんのハーグの裁判官再任など、重要でした。

以下にあげるブログ(煩悩君・・・) では、 11月25日に何か大事が起きる、と伝えています。

これは、9月23日にネットで流れていた,ある個人からの警告情報ですから、そのあと一ヶ月半の間に、事態は変わったかもしれません。

しかし、今、世界経済が「どん詰まり」なのは確かですから、何があってもおかしくありません。

たとえば、このところ日本の銀行株も下がり、みずほ銀行は、100円を切りました。 この銀行は特殊資金を扱う銀行でもありました。 

貿易が破綻するのか? 金融が破綻するのか? それとも、なにか、地震など破壊的自然現象が起きるのか? 用心に越したことはなく、 自分で、生存のためのネットワークを築くしかありません。

その点、私の故郷の中野では、生存(特に飢餓)に関し、あまり心配は感じません。北信濃は人口10万人で、いまは、耕作放棄地だらけですが、本来なら、その5倍から10倍の扶養力はあるはず、と考えています。

 http://aioi.blog6.fc2.com/  から一部を抜粋します。 (9月23日の時点で出ていた警告集)。

 ① 食料一か月分は最低でも備蓄しとけ、
   11月末に、ウソみたいに世界が逆転すると思われ・・・
   
 ② 恐らく 今年の11月25日、ここで日本は終わる
    天皇陛下か首相のどちらかが、
   神妙な面持ちで「国民の皆さん・・・」から始まる演説するはず 

   コンビニやスーパーが食料備蓄0になり  ・・・

 ③ 止まる止まる、ライフラインは全て断たれる(水は出る)
  当然仕事なんか完全になくなるし、石油も灯油も入らなくなる、
  今回の恐慌は教科書に必ず載るから
  お前ら「犠牲者」の1人にならないようにな、 

④ 円は紙キレになる、持ってても無駄
  固有資産の国有資産化 → 新円切替 が起きる、
  それ以外日本が助かる(1回死ぬんだが)道は無い。

 以上に関して、私の見方は、明日、話します。

 TPPに参加表明したから、回避となった?

 

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。