講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

トランプ・正恩のシンガポール会談以後、日本列島で怪事件続出。地震だけじゃないね。

こんばんは。
サッカー見ながら、明治の中央集権体制の次のことを考えています。
今、日本列島では、地震もあれは、各地で、大声出す迷惑者、喧嘩、流血騒ぎが続出です。
が、それでも、なぜか、私の心は重くありません。
田舎にいて、庭を片付け、切り払った枝で、お湯を沸かし、大地の生命情報をいただいているからかもね。
今の世界情勢は、国家・国境をことさら強調しているように見えますが、実際は、国境を挟んで敵対するのではなく、
個々の人間で、お互いを思いやる意思を最優先にして、今という場に、混乱を起こさないようにしているのではないか?
マネー追及という私欲のために、あるいは、国家という「大義」のために、イノチの大元の故郷を、壊しまくってきた、その先端にある人間を、どうも、始末に入っているのではないか。
それは、国家間の次元ではなく、もっと高い知性の集まりが、国家という「人為」を超越したところで、
宇宙の統合された意思のもとに、断行されているのではないか、ということ。
これ、本当に厳しい。自業自得 因縁生起。
魂の大きさ、清らかさに応じて、降りかかる、「裁き」の姿。
今は、これまでなら、世代を超えて、100年以上にわたる清算が、この1年で起きるているかもしれない。
その先にある、地球の人間社会は、慈悲慈愛による、イノチの情報連携。
個々の個体生命、その中にある、細胞ごとに共有されるイノチの情報。
これを、人間たちが、自らの手によって、その技と、感覚で、コンピュータも総動員して、再構築すること。
誰かによって示された強圧的な指示系統ではなく、自発的に、調和のとれた、新しい交響を生み出すこと。
全ての形、そして、人間による人為に、どんな「心」が入っているか、
そのとき、イノチの情報は、どのように扱われているか?
想像と創造。 
ITによるネットワーク型社会は、 ハード面から、 縄文のスピリチュアルネットワークを再現させる。
ここで問題なのは、 その社会は、一体、誰の出す、どんな意思で、全体が動くのか?
末端でも、全体を知り、全体の一部として、末端もまた、自己を規制しながら、動く。
そこにあるのは、部分にしか過ぎない人間個人が、他者を無視して、自分のマネーを得る、という行為ではなく、
マネーを介在させても、より、慈愛に満ちた調和の世界を、人間の集団の意思によって、現実に創り出すため。
小さくても、まず、自分の生命空間・生存領域を確保しよう。
これまでの、工業化・都市化のシステムが、ボロボロと内側から壊れるのと同時に、
マネーが得られないとして放置されている曠野に、どんどん、あたらしい、息吹が起きてきている。
生き物は、土と水と空気、そして太陽。なによりも、全ての情報系は、北極星とシリウス。
自分の意思で、それらを、再統合できるのは、人間のみ。
もう、だれかの奴隷なんかで、いてはいけない。「生口」であることに気づかないと、それなりの運命が来るのみ。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。