カリアゲ君、ここまで顔つきが変わるんだ。安倍晋三のことなど消えているね。

11日の夜、北の若き将軍様はシンガポールの夜を散策。こんな顔(下)見たことない。久しくスイスにいたから、英語も堪能でしょう。当然、今のシンガポールの首相、リーシェンロンとは、英語でのんびり話したでしょう。リーは、時間をおいて、トランプとも話した。

11日夜、シンガポールの観光名所のリゾートホテルを訪れ、手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(ロイター=共同)

人民中国が、1989年6月4日の天安門事件で「四面楚歌」になったとき、そこに穴をあけたのが、日本の今上陛下、明仁。その後の大陸の国家大改造を指揮したのは、鄧小平でしたが、彼の総参謀は、客家のリークワンユー。そして、洪門の流れをくむ、チャイニーズ・フリーメーソンの致公堂。 リークワンユーは、個人の財産所有を認めさせ、中国大陸の大地に値段がつけさせ、弁護士・会計士・弁理士を急いで養成させた。その結果、中国国内が、どうなったか、は、皆さん、ご承知の通り。

息子リー・シェンロンは、父が、海外華僑を使って、大陸をどう変えたか、その過程を見続けてきた。だから、今回の米朝会談経費を出しています。トランプの大切な人がシンガポールにいるし、客家ネットワークが、朝鮮族の「深部」と組んで、東アジアの匙加減をすべて掌握ですね。 

 米ドルと人民元、そして、ロシアのルーブルに、EUのユーロ。当然、日本円もありますが、どう動かすか。

トラちゃんは、どうも、北の羅津に、高級ホテルにカジノをもつようですが。半島全体に、凄いブームが来ますね。

北は、たかだか、人口2000万人。それが先軍国家だったために、資本主義的には、全く手つかず状態のままです。一方、大陸では、今、北京・上海の人口は2000万を越え、30年前、5万人もいなかった、香港との国境の町、深圳は、今、1500万人になっています。

 すでに、大陸内で株式と不動産の投機の機会がなくなった中国のマネー(政府高官ではなく、庶民の「幇」による投資グループ)は、どんどん流れ込みますね。この動きの実例がすでにあります。今、新疆とカザフの国境の町が経済特区になって、ドバイなみ(正確には深圳なみ)の建築ブームを起こしていますが、インフラ整備と、ITと工場誘致は、今、シンガポール華僑が全体像を描いているのでしょう。もちろん、そのすぐ横には、半島系の各国エリート。

大陸内には、朝鮮族が数百万人います。特に、東北三省と河北・北京に住みます。

私たちが、列島の中で見かける半島系の人たちとは違って、命がけで、義や筋を通す、硬骨漢が半島にはいます。ルーツは大陸にありながら、三国時代(高句麗・百済・新羅)の王国を支えた武人・文人ですが、この人たちの家系が、現在では各国に散っています。人数自体は多くないのですが、絆を確認していたようです。中国語と英語を話し、大陸の瀋陽軍区の将軍にも多かったし、アメリカにも広がったし、ロシアにも。

1910年からの大日本帝国による半島運営では、最下層の人たちが、すぐに、皇民化の拠点、朝鮮総統府に集まり、さらに、終戦前後には、列島に入り込んだのですが、その人たちとはまったく逆の誇りを持ち続けた人たちが、少数派となっても生き残り、国籍は違えど、民族の誇りをもって、今回の劇的外交を進めていたようです。誰かさんの周りや、組合活動のなかでは、なかなか会えない人たちです。 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。