講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

フルフォードとイルミナティー。これはおもしろい。

青い目の侍、フルフォード氏が、面白い情報を、ブロクに載せています。
今の、日本の国内政局にも関わります。また、天皇についても。
イルミナティーに対抗できる力が、人類にはあるのか?
世界史をきちんと調べなおすと見えてきます。
ヒントは、 老子と墨子です。 
さらに、日本の言霊と、古代イスラエルのヘブライ語の関係。
ヤハァウェYHWH と、 エル el の違いがわかると、見えてきます。
・・・引用開始  http://benjaminfulford.typepad.com/ から。
06/15/2009
<イタリアから13兆円を持ち出そうとした日本人はCIAと天皇の手先であった>
様々なハイレベルな情報源によると、先日イタリアで$1340億相当の米国債を持ち出そう
として拘束された日本人二人はCIAの闇の部分であるパパブッシュ一派の手先だと言う。
この裏工作はMayflower(メイフラーワ)というCIAの団体が担当であったそうだ。
Mayflowerは中国を再び皇帝支配制にさせたい悪質な中国派閥とつるんでいる。
逮捕された日本人の一人はおそらく福島という男だ。福島はCIAと天皇とロスチャイルドの
手先である。ブッシュと奴隷である小泉やCIAから賄賂を受け取っており阿呆総理も絡んでいる。
このお金を使って今年の日本の総選挙を操ろうとしていた。絶対にこのような連中にその国債を
換金させてはならない。
またこの逮捕劇の影響でイルミナティの幹部達が近い内に我々とスイスで交渉をしたいようだ。
スイスに行く手配はある。
The Japanese arrested in Italy with $134 billion were part of a CIA black-ops
The Japanese citizens arrested in Italy last week carrying bonds worth $134 billion were part of a CIA black-ops linked to the Nazi faction, according to high level intelligence sources.
The CIA front behind this operation is known as Mayflower and is linked to a
malevolent Chinese faction that wishes to restore dynastic rule in China.
One of the Japanese arrested was probably a Mr. Fukushima, who works for
the puppet emperor of Japan and the CIA and the Rothschilds.
The operation is also linked to former Japanese Prime Minister and Bush slave
Junichiro Koizumi as well as the current CIA-bribed traitor Prime Minister Taro Aso.
They were hoping to use the money in part to operate a massive psy-ops in Japan designed to keep the current slave government in charge after elections that must
be held by September 11th of this year. For the sake of humanity and the planet,
they must not be allowed to redeem those bonds.
We can also add that as a direct result of these arrests that faction has contacted
us and proposed talks in Switzerland. We will accept.
06/10/2009
<イルミナティ幹部との話し合い>
現在訪日中のイルミナティの幹部は「自分の秘密結社が近いうちに権力を失うことを自覚している」
と言う。 イルミナティは現在混乱状態に陥っている。相変わらず世界支配をしたい派閥もあれば、
完全に権力を失う前に一般市民と対話をしたい派閥もある。 また何もせずに「救世主を待つしか
ない」と信じる派閥もある。
私の提案は彼らの不健全な世紀末思想(世界の人口から40億人を減らす)を欧米社会から無くす
ために、人工的な世紀末(人口を減らさずに)を演出することであった。
そして救世主として選ばれるのは「世界人類の共通の意識の目覚め」である。
話し合いの結果、イタリアのイルミナティ幹部達と会うことを勧められた。
同時にキリスト教、イスラム教、ユダヤ教を支配している人達と会うことも勧められた。
この人達に真実委員会の前で話しをしてもらい、世界から貧困や環境破壊をなくすキャンペーンを
支持するのかどうかを探るために行くべきかもしれない。
33rd degree freemason promises the illuminati will change for the better
A 33rd degree freemason visiting Japan as a representative of the Italian illuminati
says  the secret organization knows it will be losing power. They are very confused and worried about what is going to happen after they lose power, he says.
One faction wants to blackmail the world with destructive weapons.
Another faction wants to negotiate with people in the “profane” world (ie us
unwashed masses).  A third faction thinks it is end times and that we must wait
for the Messiah.
My suggestion was that they stage a fake Armaggedon show so they can get all
this apocalyptic stuff out of their system and the world can return to sanity.
My belief is that future generations will conclude that the Messiah was the
awakening of the global group mind via the internet.
In any case, I was invited to Italy to talk to the heads of the illuminati.
These include people who claim to control the Jewish, Christian and Muslim faiths.
It might be worth visiting to see if they are willing to appear before a truth
commission as well as support a campaign to end poverty and stop environmental destruction.

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。