オリンピックの裏で。高学歴・列島民の悪習慣・退治の段取りができた?

こんにちは。
今日は3月3日。オリンピックの裏側で、一体、何が進展しているのだろう? とじっと考えながら、この1週間、過ごしていました。
開幕式では、副大統領のペンスと、妹の金与正がきた。 そして
閉会式では、娘のイバンカと、金英哲(キム・ヨンチョル)中央委員会副委員長が参加。
基本的には、米朝は和解。
本当に和解に入って動き出すと、米朝韓日の「やらせオールスターズ」は困りますね。
それに抵抗する人たちに、如何に、今の現実(のチカラ)を知らしめるか、これが、
閉会式での米・韓・朝なのでしょう。
未確認情報ですが、北の核が現実には、もう使えなくなっているのではないか、と。
もともと大したものではなかったが、それを大げさに言いふらす人に、もうやめろ、とも。
日本語メディアと付き合うときには、取るに足らない内容が地上波テレビでガンガン流れるときには、実際にはその裏側で、権力そのものに大きな変化が出ていると考えるべきです。
昨年末、相撲の話題ばかりのときには、安倍チンの後見人の葛西爺さんがようやく、JR東海の代表権を降りました。「そろそろ戦争がないと日本経済が持たない」が持論で、中国大嫌いの方でしたが、財界引退でしたね。
そして、今回もこの閉会式に合わせるように、どうも、そのJR東海のリニアモーターの建設に関し、地検特捜部がゼネコンの鹿島と大成について、談合で立件できると踏んだのでしょう。
日本のゼネコンは、明治以来の「富国強兵」での国家基盤作りで基幹企業でした。皇族や高級官僚との関係もあり、戦後になってもそこに権力との癒着があっても、一般国民にとっては「菊のカーテン」の向こうの話になってしまい、日本の司法が本当に立ち入るのか、あきらめることが多かったが、今回は、違うようです。
 鹿島が、フクシマ第一の建造、そして、原発事故後の処理の中心企業であることはみなさんご存知。なにより凍土壁という、訳の分からない氷の壁で汚染水の流出防止が可能だと言い張り、巨額資金をこの7年ぶち込んできましたが、効果はあったのか?
大成の方はトンネル工事が得意でフクシマでは半径10キロ圏外での除染については中核企業で、しかも、現内閣の大番頭さんと昵懇の関係でした。
鹿島の問題は、築地と豊洲にもありました。
今、この2社については、早速ですが、昨年、都民ファーストで都議会から自民党議員を蹴散らした小池都知事が、東京都が発注する事業から、指名を停止しました。
あれれ百合子さん、さっそく風を読んだの? もしかして、「緑」の風の吹き方が変わった?
で、今、ツイッターにおもしろい投稿がありました。小学生が、僕が総理大臣になって日本をよくしたい、というのです。その理由が、ごもっともなんだ。ごめんね。大人たちが、こんな人を選んじゃって。ミエミエのウソつきに人事権を握られた官僚全部が忖度し、財界からは、時間無制限の労働を迫れる国にしようなんて。


国会では、またまた、森友事案。もう、官僚たちの忖度が行き過ぎていて、なんでもかんでも現政権に都合よく、資料を書き換えてまで法案を作り、それを国会で通そうというのが、もう、この国では当たり前と言いうことなのでしょう。
それでも、官僚たちの中には、こんな政権は続けさせたくないという人もいるでしょうから、いろいろと出てきますね。それを、宗主国アメリカ側が上手に促すということでしょうか。
 だいたい、日本の検察庁とアメリカのFBIがいつも情報交換していたと言いますし。
トランプになって、アメリカそのものが変わりだしているが、それに伴って、日本の権力構造も少しずつ、変えだしている。その主体は誰か、ということ。
あと、一つ、面白いことが分かりました。
あの武田邦彦先生のみならず、東大出身で、自らこの国、そして、国民にとっての権威であろうとする人たちに、一つの共通の点があることです。 
 それが、神武天皇の実在性を、なんとか、肯定しようとする姿勢があることです。
例えば、これ。https://www.youtube.com/watch?v=hHZniSxz9Zs
 
明治以来の日本国の最高学府の出身だということで、列島内の民には、自分は地球レベルの視野で、森羅万象を一応、研究対象にしているかのように振舞いながらも、その理性の在り方はどうなのか?
 今ある、日本国からのマネーを、如何に得るか、を第一目的にする人たちなので、とにかく、これまでの国家マネーの配り方や取り方をまるで疑わずに、それを維持することで、自分の立場を守ろうとします。
 簡単に言うと、神武天皇が実在したとする神話が、彼らの権威構築の基礎(出発点)なのです。この列島にある統治体の存立基盤の形成過程について、地球的視野から見た普遍的価値では、考えないのです。
そのうえで、いかにして、自分より低い学歴の人たちを、上手に言いくるめるか、ということに、最大の知的エネルギーを使う人たちなのです。
もうすぐ、「311」から7年ですが、この間、彼らは列島にいきる人間に、何をもたらしたでしょうか? 彼らが制度上でも社会通念上でも、お上でした。で、地方公務員や教員、そして大卒のや地方の名士さんは、お上の言うとおりに、国民に話す(指導?教導?洗脳)ばかりでした。朝三暮四で、何度、騙されても、沈黙する列島民。もう、どんどん死んでいるし、税金はどんどん上がるのに、所得は減り続けても、それを認めずに、役人の定年を延ばす政府。
 で、この神武天皇実在神話が、日本国の国富から、自分のところに富を奪うのに、これほど便利なものはない、と驚きをもって見つけ出してたのが、実は、半島生まれの皇国日本人と、戦後日本の支配者になった、アメリカの日本占領司令部の人間です。
 すでに経済は地球規模で連関しながら動き回り、SNSで瞬時に情報を飛ばしあう時代にもかかわらず、冷静に、客観的に、国家の成り立ちを、あえて研究させない日本の権力者と権威。
あいまいなままにして、伊勢神宮の神を語りながら「天皇のために死ぬのが美しい」と言っていれば、どんどん、列島の民は、自分たちが作った制度に、なにも文句を言わず、その制度の中で、きちんと汗を流し、税を治める。
 これほど、ありがたく、御しやすい、かわいい国民はいませんね。
戦前、皇国日本の先兵になったり、下働きをやらされた半島の人たちは、朝鮮戦争で郷土が壊さる中、この列島に入り、ここで支配者アメリカに飼われる日本の権力者をみて、
これはいい、このラインに入れば、列島民から、どんどんマネーをとれる。
さらに、戦後の「平和憲法」の理想を声高に吠える活動家になっても、こっちでもマネーがもらえる。上手に、生活保護をもらってもいい。
原発に関して言えば、それを造る側に入っても、それに反対する側に回っても、事業とその対策費としてどんどん経費がかさんでいくが、この国のシステムでは、それは、電力料金に上乗せするので、経営側に関係ない。困るのは、おとなしい、羊ちゃんの列島民。
列島内では、対立して、もめればもめるほど、国家マネーが出てくる。これをみんなで食べあおうよと。
これは、法曹界でもおなじ。民事案件で、簡単に白黒つくものを、あえて争いあうことで、双方の弁護士も、裁判官も、どんどんお金が入る。
 国会で、これが問題だ。手厚く保護・補助を、といえば、実際に、保護・補助すべき人間にマネーを渡すよりも先に、その事務業務をする人間に、まず、マネーが流れる。
 イカヅチさんは、こういった体制で、それを喜んでする国会議員と役人たちを、本当に嫌っていたのですが。
しかし、この人物がリニアモーターの原理を発明し、実際のリニアでの輸送を実現すると心に決めて、イカヅチに報いようとしているのが葛西爺さんでした。彼が、安倍政権のこの5年間の後見人だった。もちろん、原発推進の中心人物で、頭は皇国史観のままでした。
 で、今日、言いたいこと。
ゼネコンに特捜の手が入った。これは、たんなる談合汚職に対してではない、ということ。
基本的に、国家マネーの使い方を変えさせるための、第一歩ではないか、ということ。
民主党時代に「コンクリートから人へ」だったが、あのときは、今の地球規模での大変革に対応する視野は全く開けていなかった。しかも、国家の枠組みを溶かしながら、国富を隣国に流そうとしていた。むだな公務員の整理もなかった。
さて、今回はどうか?
列島で、富を生み出す人間の心と体が死んでいる。希望がない、 健康がない。
ならば、どうする? どう変える? 

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

6月9日開催『皆神塾(東京)』DVDの内容紹介ビデオ

6月9日に開催した『古代史研究会(第3回)』DVDの内容紹介ビデオができました!
20分のビデオですが、新井先生が、講演内容の概略を説明されています。
皆神塾にご来場いただいた方はご存じですが、講演会自体は2時間46分(166分)ですから、もちろんこれ以外のお話も盛りだくさんです!!

現在、このDVDをキャンペーン価格で販売中です。DVDの内容などの詳細については、次のリンクからご覧ください。→ 6月9日「古代史研究会(第3回)」DVD

DVDのご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→
TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026
携帯: 090-5804-5078
E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp

この記事を書いた人

新井信介

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。