生き残れ!それも覚醒しながら。表面の感動(面白さ)は一過性。時空を越えた、人間の尊厳からの感動に包まれて。

 こんにちは。

 ① まず、 お知らせ。

    8月8日(土)は、名古屋で皆神塾です。    (9日(日)は、大阪難波神社です)。

    これは、午後2時スタートで、5時30分まで。

         会費 3500円。

    8日の午後6時からは、同一会場で、中里博泰氏の志を継ぐ集いです。

        こちらは、夕食代のみ。

 

  8日の皆神塾に関して、今、テーマを、考えています。

          6日の広島がすぎ、 9日の長崎の前日です。

 

 ② 今の人類世界を一言で言うと、 《 文明の精算 と 人類の淘汰 が始まっている 》 です。

 

 しかも、国家を生み出したり、戦争をしようとてきた人間の意思の本質を明らかにさせ、

  人間個々人の、 人類としての、「内発的自覚、覚醒」を促しています。

 そこでは、 これまでのマネーでの勝者や、知名度の高さ、富貴など は、一切、関係ありません。

  人間としての完成度の問題になるのでしょう。

  人間とは、そもそも、なんなのか? なんでこの地上で、こんな文明を創りあげたのか、その意味は? 

  今の地球に生きる人類の個々の生命体に、人間として、何が大切か? どんな未来社会を創るべきなのか? 自分がその未来社会の創造に、どう関わるのか?を 徹底的に学ばせる、その最終章です。

 人類が創りだした巨大な信仰体系に対する、個々人の依存と過剰信頼、恩寵期待を、すべて壊すためです。

 一方、これまでの文明での「勝者」には、なかなか、新時代の到来が実感出来ません。今、放射能だらけの日本から、南半球に逃げるために、無理して資金を国家から引き出したり、株や土地の相場を釣り上げ、そこからマネーを創りだして、持ちだそうとしている人間がいます。

  「放射能」のことを言ったら、日本の資産が暴落するので、それを最後まで政府には実態を言わせないで、国家権力やマスメディアの操作で、問題ないフリをしている間に、自分だけ、避難しようとする。

 そうしたところで、それが、報われるのかどうか? 

 「淘汰する」側の目から見たら、地上の73億人が、それぞれ、どんな未来を、創ろうとしているのか? そして、その全体の中で、自分が、どのようなピース であろうとしているのか? これが、問題です。

 いまの事態(政治的奴隷状態、放射能に無関心、マネー絶対、社畜、羊)を、どう考えているか、これをつくりかるべしと感じず、異様さに全く無自覚なものは、新しい「未来」が到来し、その中に、幸いにも、人間の形をして生き残っていたとしても、 今以上に、より、扱いやすい、ロボット状態になるだけでしょう。 

 以前、一度、本欄で書いたことがありますが、

 

③  英語で、 「巨人」 を、 なんと、書く のでしょう?

 

   簡単ですね。   GIANT  .     この言葉には、深い意味があります。

 

         G     I     ANT

       神     私     蟻

 

      神は、  私が蟻を視るように、  私を見ている。 

   二次元を這いまわる蟻を、私達は観ますが、

   この三次元の人間の営みも、 時間軸をもった4次元からの視点なら、 蟻でしかありません。

   ただ、人間が、他の生命体との違いは、

    「神に似せて、創られた」こと。  

   想像と創造ができるのが人間ですが、 人間はまた、信仰や洗脳・盲信で、動きかねない生き物なのです。

   如何にして、実際に存在する、真の姿を察知し、それで、積み上げた技術で、未来を創り出していくか?

   これまでのシステムに流される先に、何が待っているか? その破綻が判れば、それにどう備えるか?

   マネーだけを社会の血液にするシステム(国家権力と原発)が、イノチを壊している事態に、どうするか?

    

 名古屋の歯科医師だった中里博泰氏は、歯科治療をしながら、常に、「あるべき未来社会の形」を考えていた人でした。  国家と、個々人のエゴ、そして、マネー。新しい社会のありかた? 

 自ら考察しては、日本国内での最高権力の在処を探して、東奔西走していました。

 「宇宙国」は、そうしたなかでできた、ひとつの概念でしたが、これを、すぐに、実体化しようとしていました。

 

 8月8日(土)、午後6時、 名古屋の皆神塾と同じ会場、東の別院で、 〈 中里博泰 の志を継ぐ集い 〉 です。

   こちらは、 夕食(弁当)を食べながら、参加者に、「私の中の中里博泰」 を、話してもらうことで進めます。

   こっちは、 参加費はなく、 実費の弁当代だけです。

  

 日本社会全体が、大量の放射能を取り込んでしまっているだけに、

 この列島に生きる人間には、 いつ、どんな運命が襲うのか、わからない時代です。

 刹那ではなく、大きなイノチの流れと人間としての意味を自覚して、未来を見つめて、覚悟していきましょう。

【ご案内】『皆神塾(東京)』(12月14日)のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

DVDキャンペーン

12月14日に「東京」で開催した新井信介講演会『皆神塾(東京)』のDVDをキャンペーン価格で好評販売中です!!

<テーマ>:『行き過ぎた「予定調和」がもたらした悲劇を消せ!!』

<総論>:

◎Qたちの最終仕上げ。 NHK東京直下地震を特集。 処理のスタートは2012年冬至
◎悪魔の本拠は、「独善をいう概念」。キリスト教と、国家神道。フランシスコの引導
◎金融ワンワールドは、資本主義を卒業する。合成覇権通貨への準備
◎マネーの本質を洗い直し、「国家」と「市場」と、「心を動かすエネルギー」と
◎安倍晋三とその背景を徹底的に列島民と世界に知らしめる。 年明け「処分スタート」
◎準備を始めたユニバーサルチャイナ。 秦河勝とリニアの行方。 白山の泰澄 川勝知事と王毅外相

最大の犠牲者は、「自分の幸福を、マネーで、社会階層の中に見つけようとしたこと」
金融ワンワールドは、列島民がマネーを単なる道具と自覚するまで、「演出」をつづける
マネーでの金融破綻は起こさない。「持てる者」の意識をとことん変えさせる
どうなるソフトバンク?
要注意日は?2月11日。その前に、衆議院選挙はあるか? 地震は?

販売価格は、通常価格6000円のところを、2020年1月末までにご購入の方は、キャンペーン価格の「4000円」(瓊音倶楽部会の方は、「2000円」)でご提供します。
尚、恐縮ですが、別途送料380円を頂戴します。 (注)10月からは消費増税となりましたが、DVDの価格はそのままで、従来と同じ「4000円」で販売させて頂きます。ただ、送料については「380円」に変更させて頂きました。

全編で、2時間41分(161分)です。

《ご注文やお問い合わせは、担当の室伏までご連絡ください。
連絡先→TEL: 03-3548-1025 FAX:03-3548-1026 携帯: 090-5804-5078 E-mail:akimasa-murofushi@jcom.home.ne.jp
弊社HPの「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。
次のリンク先の「瓊音ショップ」でもご購入いただけます。→ 「皆神塾(東京)」DVD(12月14日開催)
「瓊音ショップ」ではクレジット・カードもご利用いただけます。》

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ