講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

「近くに小鳥が楽しそうに鳴いていれば大丈夫」と、プレアデス・銀河の夜明け

 2000年前後、何回も読んだ本に『プレアデス・銀河の夜明け』(太陽出版コスモテン)
があります。 
 私が自分の世界観を創るときに、大いに参考にした本です。
シリウス星やニビル星のことを真剣に考えるようになったのも、この本からでした。
個体生命である人間が、どのようにして知的発展を遂げたのか? これは、まだまだ謎です。
私達の脳に、どこかから刺激があったのは間違いなく、私達自身のヒラメキや芸術性も、
なんらかの外部情報をキャッチしたものと考えられます。
その外部情報ですが、私達は、今、これまでとは違うものをキャッチすることを迫られている
のではないか、と考えます。
今、私達がいる文明は、1万3000年前に終わったウルム氷期のあとの、暖かい時期に、
立ち上がったものですが、これが今、どん詰まりに来ました。
すでに、私達自身が原因で、大量の放射能を自然界に放出させてしまい、さらに、まだまだ、
世界中に多くの原子力発電所が残っている状態です。この後始末をどうするのか?
先のことをきちんと考えず、便利さと利益を追求したこれまでの人類が行き着いた姿が、
ここにあります。
なぜ、原発を持つにいたったのか? 
これが、どこの人間の、快適で贅沢な暮らしのために作られたのか? 
さらに、原発といっても、ウランの採掘や運搬、その他で、多くのCO2を使います。
原発は、発電時は出さないものの、CO2の削減効果はない。
これまでの文明は、都市化とともにありました。
そして、その都市化を引き起こしたのは、実は、本来の生命活動とは関係のない、
なんらかの信念体系です。これがはっきりと、私達人類の脳を襲いだしたのは、
今から6000年前からです。
人間が生きている現場の、そのナマの感動や一体感とは遊離した、巨大で、時空を超えた
マインドコントロールが、この6000年間、継続的に行われてきた、と私は考えています。
これは、都市を形成する、国家権力の発生ともにありました。
今、東日本大震災後の復興会議が、国主導で開かれているようですが、本質論から言えば、
まず、被災者のみなさんがどんな暮らしをしたいか、そのありようを主体的に考え、それを、
全国民で、支援するのが本筋です。
私が今、考えているのは、
そこに暮らす人間が、日々の生活に、本当に、喜んで、歌を歌っているような暮らし。
無理して、大企業を誘致することもなく、観光客を受け入れる必要もなく、住民が、
それぞれに生業を持って自立しながら、高度の芸術性を発揮して、支えあっていきている空間。
世界中の人から愛される、小さな自治組織のある街。
域内外の信頼しあう人間との間で、幾重もの自給圏を構成している、強い生命力を持つ街です。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。