講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

この記事は見逃せない。国立がんセンターの著名な医師たちが、「緊急記者会見」と称してデマ会見を繰り返したとは。

もう、東京の水道水は、完全にアウトじゃないか。
絶対に乳児や子供に与えてはいけない。
以下のブログは必見です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「国立がんセンター」、これではデマ会見ですよ!

22日東京都水道局の浄水場で検出された放射性ヨウ素は、
乳児の場合1.7リットルの水を飲むと、1ミリシーベルトの被ばくを受けるという量だったとは
  ・・(一部を省略)・・・
・・・ここまできて、私の体には震えがきました。
日本の医学界を指導する、国立がんセンターの著名な医師たちが、「緊急記者会見」と称して、
1.70リットル/216リットル=1/y
y=127
原子力安全委員会の127倍ものニセ許容値を示して、国民を騙し、洗脳したことを。
もしこれが本当なら、日本は恐ろしい国です。
専門家とマスコミは、
至急、確かな情報によって、
これを差し替えてください。
それをしなければ、
日本国民および日本居住民は
世界に笑われる前に、
自分の身を守る知識を失ったが故に、
滅びてしまうでしょう。
 追記2 3/30 0543
なお、緊急記者会見中に例示されていたとおり、
210ベクレル/リットルの水道水を216リットルを飲んだとすれば、 
原子力安全委員会の実効線量係数を使えば、
乳児の実効線量は、
実効線量
=2.8×10-3ミリシーベルト/ベクレル×210ベクレル/リットル×216リットル 
=1.27 × 10+5 × 10-3
=127 ミリシーベルト
にもなって、
通常人のリミットである1ミリシーベルトの127倍、
「放射線安全主義者」の皆さんが放射線急性傷害発生の境目だという、100ミリシーベルト
も軽く超えてしまうのです。
まったくムチャクチャな内容の記者会見です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・転載終わり。
これで、日本の商社が世界中からミネラルウォーターを緊急輸入する理由が分かります。
ミリシーベルトと、ベクレルの違いを、きちんと説明しないのは、
すべて真実をごまかすためとしか思えません。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。