講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

ゴルフ中に北朝鮮のミサイル。顔を引きつらせるトランプに慣れきった安倍。で、日米一体化。

 昨年11月にトランプが選挙に勝ってから、すっかりなりを潜めていた北朝鮮の若大将。

フロリダで、安倍とトランプがゴルフを楽しんでいるとき、誰かから「今、打ってよ」といわれたのか、”祝砲のような” ミサイル発射。

 で、冬のホワイトハウスと言われる、トランプの別荘内で、記者会見。 それまで、安倍を、胸キュンキュンさせて、孫のように可愛がっていたトランプの態度が急変し、顔が引きつっている。無駄口言わず、100%日本を支持すると。 

北朝鮮の弾道ミサイル発射に関し記者会見する安倍首相(左)とトランプ米大統領=11日午後、米フロリダ州パームビーチ(代表撮影・時事)

  以下は、朝日新聞の記事

北朝鮮が弾道ミサイルを発射した問題で、トランプ米大統領と訪米中の安倍晋三首相は11日夜(日本時間12日昼)、共同記者会見に臨み、安倍首相は「北朝鮮ミサイル発射は断じて容認できない」と北朝鮮を批判。トランプ氏も「米国は日本を100%支援する」と述べ、朝鮮半島の非核化などのために日米が協力して対応する方針を示した。北朝鮮による弾道ミサイル発射は、トランプ大統領就任後初めて。

 ・・・・・・

 今、アメリカの工作部隊CIAが機能しない。自分からは何もできない。トランプおよび、そのスタッフが何をどう仕掛けていいのか判らない。

 イヴァンカは、安倍に聞いてみたらと言ったとか言わなかったとか。

で、今回の若大将の「祝砲」で、結果的に、日本を100%支持発言で、日米一体化がさらに強固になった。

安倍に対し、パームビーチの夕食会で、こうも言ったとか。出典は「ライジング・ワサビ」だから、どこまで本当かは知らないが。 

Trump Tells Abe His Knife And Fork Skills Are “Tremendous”
和訳》トランプは、あなたの(ヒラリーへの)裏切りと二股のスキルは驚異的だと安倍に言った..
 
 
 安倍の後ろには、とんでもない切れ者がいる。そこは、もしかしたら、北朝鮮にも通じているかも。
アメリカはCIAもさることながら、北朝鮮にはどんどん軍事使節が入っているのに、今回は、この
 
 「困ったときの北朝鮮ミサイル」という、日本の戦後外交の定番料理に、つきあっている。
トランプは、戦争屋CIAの破壊工作(リビア・シリア・ウクライナ・ISIS)には、めちゃくちゃ怒ってきたが、やらせ「フェイク」で外交を進める、どこかの最深部の姑息なズル賢さに、肝を冷やしたのか、引きつった顔は安倍の手を撫でたときと完全に変わっている。もし、これがプロレス流の演技なら、大した役者。
 
 今、アメリカは、地球規模で展開したこれまでの米軍の撤退戦。
 一方、日本はというと、地球規模で、自衛隊を広域展開させるというのが、自らに課した宿題? 

 すでに、憲法がどうなっても、集団的自衛権を 政権の都合で運用できる国 になってしまったし。

 自衛隊は、どこまでも「福の神の国の軍隊」であってほしいが、戦闘で死んだ隊員を自殺にするなんてことは、絶対に、あってはならない。

 せめて、米軍なり国連軍を(名目的であれ)先に立たせ、それを援護する課程で、流れ弾で死亡した、としないとだめでしょう。本人の名誉に関わるし、どんどん自衛隊の志願者がいなくなる。

まあ、戦争屋の工作員がいなくなれば、アフリカその他の地域での、紛争も急速に減っていくことが予想されますが・・・。

そこに、ホンモノの日本文化(清潔・正直・直向き・思いやり)を普及浸透させるのなら、私も応援したい。

 

それよりもなによりも、私は「ホ」が気になる。皇室ご一家に、お変わりないか、気になります。 

 

 

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

株式会社K2O