講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

今まさに、水面下で、本当のガラガラポンが始まった。

 こんにちは。
社民党の辻元さん、離党ですね。
戦後日本の遊園地的情念ワールドに、やっと気づいたのですね。
戦後の日本国家の安全保障が、アメリカに完全に抑えられている中で、
この島国の日本人が、国際社会の現実(駆け引き、利害対立)を冷静に確かめないまま、
理想論を語って、純粋に願っていれば、それで、全て解決するという、幼稚な情念論、
それが、憲法9条を維持した中での、米軍基地撤退要求でした。
戦後の日本社会での、日米安保と、憲法9条は、セットです。
これは、歴然とした事実でした。
私の考えは、《9条を戦略的に使え》 です。 
日米安保は維持するが、アメリカの安全保障政策の立案に、日本が完全に入り込むこと。
人間の生活に直結する気候や環境に関し、積極的に日本が情報収集し、その対策を
日本が主体的に企画・立案・実行すること。
アメリカが殺人破壊の部隊を派遣する前に、日本がやるべきこと(日本ならできること)が
ある、とアメリカ国民に認知徹底させ、常に、中国・ロシア・インドの支持をとりつけること。
まあ、この辺については、具体的には、別途の議論が必要です。
それよりも、今、日本国内では、政権党である民主党では、総理大臣の菅さんが面会を求めても、
小沢一郎は、けっして会いません。
「だって、菅さん、総理就任のその日に、静かにしててよ、って言ってたじゃない。」
と、小沢氏が言っているわけではありません。
現在の「衆参のねじれ」の中で、9月以降の政界再編のシナリオが、この小沢氏の下で、
どんどん練られて、個々の人間をターゲットに、静かな画策が進められているというのです。
もちろん、このとき、最も重要なのは「みんなの党」ですが、
ここは、もともと自民党の改革派でした。
今の菅政権の大臣、副大臣は、官僚に丸め込まれています。
自民党では、解散総選挙が近いと、戦闘体制に入っていますが、
戦後、官僚と共に、自らが築き上げた利権を本気で壊すことができる議員は、一体、誰なのか、
ここは、国会議員の個人個人の人間的資質の、正確な仕分けが、必要です。
今回の「ねじれ」こそ、日本政界の本当の、政界再編のスタートです。
自民党も民主党も、みんなの党も、すべてが、ガラガラポン。
2012年まで、待たずに、ガラガラポン。
それがいつか? 9月か? 11月か? 来年か?
それは、臨時国会が終わって、お盆の最中に決まるでしょう。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。