講演会のお知らせ

開催日:3月21日(月祝):
場所: 東京都文京区湯島3-35-9  湯島白川ビル3階
時間: 14時~17時(終了後の懇親会は中止とさせて頂きます)
(注)「開場:受付開始」は13時30分です。
参加費: 3500円 (瓊音倶楽部会員は2500円)


参加申し込みはこちら

柳川には、秘密がいっぱいでした。

 1) 中野に戻りました。
 有明海に面した福岡県の柳川、そして、大牟田。
 ここは、面白いところでした。
 古代イスラエルのエフライム(トーテムは、牛)の足跡が
 多くありました。
 筑後川水系は、日本最古の稲作地帯です。
 ここに、戦国時代に、橘ではなく、 立花氏が、誕生しました。
 
 立花氏は、大友から分かれたものですが、
 大友家に、変化が出たのは、 1551年の、ザビエルとの接触だった
 と考えられます。
 鍵は、「祇園守」紋。
 祇園 が、 日本史のなかでも、時代のリード役になっています。
2) 報告です。
  3月20日に、 東京で、皆神塾。
  4月の初め に、 大阪で、講演会 です。
 
  私は、今週末(28日)から、中国に行きます。
  
  地球人類史の中での、縄文時代の位置づけが、はっきりしてきましたので、
  これで、やっと、 日本文明を、語ることができます。
  答えは、 すべて、 ヒビキです。
  私は、 ヌナカワ精神のことを、 生命感応力 と、定義しました。
3) うれしい収穫。
 今回の九州 行き で、 一つの収穫。
  玉名からほど近い、 平山温泉 を 体験したこと。
  ここの温泉は、 まことに、美肌の湯 です。
  山鹿に近いのですが、 あまり知られていません。
  
  私の体験した中で、 
  デトックス効果なら、 湯河原のママネの湯 が、一番ですが、 
  美肌効果なら、 ここでしょう。 
  老若男女問わず、おススメです。

講演会に参加しませんか?

講演会(皆神塾)を毎月開催しております。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野についてお話します。
Youtubeやブログで新井を知ったという初めての方でも大歓迎です。最新の講演会については下記バナーよりお申し込みください。


ぬなとショップおすすめ商品

『瓊音倶楽部』『皆神塾』のご案内

何のために、私たちはこの世に存在するのか?
この問いは、6000年前に文明が始まった時から続いています。
瓊音倶楽部では、この問いに対して、人体(機能)と心(魂)からなる「人間」を見つめます。
人類は、文明を生み出しましたが、それによって生きている人間の喜びが、つぶされては意味がありません。
どんなに喜び、生きるのか?私たちは、皆さんと一緒になって考えていきます。(注)「瓊音」とは、全てのイノチのヒビキのことです。

『皆神塾』:文明アナリスト・新井信介を中心に、隔月で開催する勉強会です。時事問題から、歴史、経済、宗教等々様々な分野の問題を解き明かしていきます。

(注)『皆神塾』は隔月で開催しており、講演内容はDVDに収録して販売しております。
詳細については「瓊音ショップ」をご覧ください。

『瓊音倶楽部』:会員制(有料)で、毎月1回情報誌をお届けしています。
「皆神塾」や「ブログ」などでは、お伝えできないようなオフレコ情を含めて、「明確で強いメッセージ」を会員限定でお届けしています。

また、月次でレポートをお届けするだけではなく、様々な特典がございます。詳細については、以下の「瓊音倶楽部のご案内」(PDFファイル)をご覧ください。
》瓊音倶楽部のご案内(PDFファイル)

「皆神塾」「瓊音倶楽部」についてご興味のある方、ご不明な点がございましたら、下記問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。
》お問い合わせ

この記事を書いた人

新井信介

1957年長野県中野市生まれ。東京外国語大学(中国語専攻)から住友商事を経て独立。中国の改革開放に立ち会い、独立後は西欧世界にもネットワークを構築。地球史の視野で、国家・宗教・マネーの意味と構造を探り、個人の可能性(想像性・創造性)と、普遍的文化価値を探求している。そのために、『皆神塾』を主宰し、会員制の『瓊音(ヌナト)倶楽部』も立ち上げて、研鑽を深めています。